ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia Xシリーズを少なくとも2018年までは維持、Xperia C / Mは開発を中止に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile が 5 月 12 日に台湾で行った Xperia X シリーズ発表のプレスカンファレンスで、「Xperia X」シリーズをスマートフォン事業における第三章の始まりと位置づけ、少なくとも 2018 年まではこのブランドを維持していく方針を明らかにしました。Sony Mobile は 2010 年 ~ 2012 年までを第一章、2013 年 ~ 2015 年までを第二章、そして、2016 年 ~ 2018 年までを第三章としており、第三章では Xperia X をスマートフォンの主軸に新たなコミュニケーション手段を提案することを目的に、IoT やクラウドサービスにも重点を置くことをスライド資料の中で説明しています。ちなみに、Xperia X の「X」の意味については、エックスという文字としての意味だけではなく、スマートフォンをユーザーの生活にリンクさせる「クロス」の意味も含まれていると紹介されました。Sony Mobile で東アジア地域を統括する 高垣 浩一 氏はカンファレンスの質疑応答のセッションで、記者からの Xperia Z シリーズの今後について質問されると、「フェードアウトさせる」方針であることを明らかにし、さらに、Xperia M と Xperia C については開発をキャンセルさせたことも明らかにしたと伝えられています。つまり、今年は Xperia X 一本に絞って製品を展開していくことになりそうです。Source : ePrice

■関連記事
3GB RAMのMoto G(4th Gen)PlusがGeekBenchに登場
Xperia XのSTAMINAモードのUIが公開
Huawei、P8 LiteのAndroid 6.0アップデートを欧州で開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP