ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都「葵祭」の魅力、パワースポットで読書も…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。5月12日のオンエアでは葵祭の様子と、京都で開きたい一冊の本を紹介しました。

今回ピックアップした本は、フジモトマサルの名作長編漫画『二週間の休暇』。この本を持って出かけたい場所は“京都”です。

5月15日、京都で行われる「葵祭」。葵祭は、京都・上賀茂神社と下鴨神社、二社の例祭で、地元では北祭(きたまつり)とも呼ばれています。五穀豊穣を祈ったのが祭の起源で、昔は旧暦4月の酉の日、現在は5月15日に行われます。

当日は、牛車を中心にした勅使の列が御所を出発。下鴨神社で神事をとり行い、その後、上賀茂神社での儀式を経て、御所へと戻っていきます。葵祭は「源氏物語」にもその美しさが描かれている古い歴史のあるお祭りですが、今も当時のままにその風景、伝統が継承されているとか。

鴨川と高野川との合流地点、デルタになった土地に広がる原生林「糺の森」。その中にある下鴨神社には小川が流れ、水辺にはパワースポットを呼ばれる場所もあります。風香る神社の中でお気に入りの場所を見つけて、本を開く日曜日はいかがでしょうか?

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

ハワイ・マウイ島、青空の下で学ぶアート×木陰で読みたい絵本(2016年4月15日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1386.html

大森靖子、『かくかくしかじか』をすすめる理由(2016年04月24日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1447.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP