ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Amazon Echo対抗の音声アシスタントデバイス「Chirp」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Amazon の「Echo」のような音声アシスタントデバイスを開発しており、近々発表されると海外の WEB サイト ReCode が伝えました。Amazon Echo は「Alexa」と呼ばれるパーソナルアシスタント機能を搭載した Bluetooth スピーカーで、ユーザーが話しかけた質問に反応し、情報を収集して伝え、クラウドの音楽を再生するといった機能を提供します。今回伝えられた Google の音声アシスタントデバイスは「Chirp」というコードネームを持っており、OnHub ルーターのような形状をしているそうです。機能の面では、音声による Google 検索と Google Now で見られる音声コマンドが利用できるとのことです。同サイトのソースによると、「Chirp」は来週の Google I/O で正式に発表されるとのことです。Source : ReCode

■関連記事
Galaxy Note 6、米国では8月中旬に発売か?
LG、Androidスマートフォンとも連携するLTE対応アクションカム「LG Action Cam LTE」を発表
GoogleフォトのAndroidアプリに共有アルバムのコメント機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP