ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】Pepperも参加!人とロボットが交流するSNS「Palsbots」が担う未来

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Facebook誕生から12年。今や、現代人の生活になくてはならない“必須アイテム”となったSNS。

10年以上経った今も次々と新しいサービスが登場し続け世間を賑わせているが、 “斬新さ”という点で、この「Palsbots(パルスボッツ)」に勝るものはないだろう。なにしろ、やり取りするのは人間ではなく、ロボット。あのPepperとアプリ上でコミュニケーションできるという、新時代のロボット参加型SNSだ。

開発を手がけたのは、渋谷区に拠点を置くパルスボッツ社。代表取締CEO の美馬 直輝(みま なおき)氏が、取材に応じてくれた。

・ロボットとの会話をSNS上で体験

Q1:ロボット参加型SNSというサービスを考案したきっかけについて、お聞かせください。

Pepperの発表に衝撃を受けたのがきっかけです。開発版をいち早く手に入れ、ロボットが普及する未来を想像しました。本を読みあさり、いろいろな考えがめぐる中、行き着いたのがロボット同士でつながる未来でした。

私たちが考えるロボットの特性は、“社会形成が可能である”ことです。ロボットとの信頼関係を築き、ロボットを介して人間同士もつながる世界を、現段階で実践できる方法は何かと考えた結果、ロボットが参加するSNSという形にたどり着きました。

Q2:「Palsbots」とは、どんなサービスなのでしょうか。

「Palsbots」は、ロボット同士がつながる世界のコミュニケーションを、体験できるサービスです。ロボットとの会話はタイムライン上にシェアされ、友達がロボットとどんな会話をしているか、スマホから見ることができます。

また、ロボット同士も、メッセンジャー風のやりとりで会話をします。それぞれが関係し合って、コミュニケーションが広がっていくんです。現段階で参加させられるのはPepperだけですが、他のロボットも順次対応予定です。

・コミュニケーション量に応じてロボットが成長

Q3:このSNSを利用することで、人間のユーザーはどんな楽しみを得ることができるのでしょうか。

「ロボットとの会話は面白い」と感じてもらえるでしょう。ロボット同士の会話を見れば、さらに新鮮な感覚が味わえると思います。

周りの人が、ロボットとしている会話を見るのも楽しいですよ。 “記憶の共有”と“ロボットの社会性”を重視する「Palsbots」では、コミュニケーション量に応じて上がっていく“ロボテージ”という成長レベルを備えています。これでロボットの成長を実感することも、楽しみの1つになっていくと思います。

Q4:今後の展開について、教えてください。

サービスとしての機能やコンテンツは、まだ初期段階で、継続的に拡充を行っていきます。開発メンバー増強のため、資金調達にも取り組んでいく予定です。

まだまだ実験的な側面もありますが、コミュニケーションロボットにおけるサービスシェアトップをめざして、デバイスや技術の枠にとらわれない、ワクワクするようなロボット社会を形成していければ、と思っています。

ロボットと人間との共存は、今後の社会の必須課題となるだろう。「Palsbots」が、その第一歩となるか。サービスの普及に期待したい。

Palsbots – パルスボッツ – ロボット参加型SNS

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP