体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

怒涛の3時間17曲! 大友ジュン提供楽曲ワンマンライブ 『大友春祭 ~10周年なんだからてさぐらNight!~』ライブレポート

01.笑時間

4月17日、六本木 Morph-Tokyoにて『大友春祭 ~10周年なんだからてさぐらNight!~』が開催された。『大友春祭』は、歌手の大友ジュンさんが井上純一名義を含む楽曲の中から、アニメなどに楽曲提供したタイアップ曲をお送りするライブイベント。大友ジュンさんは、井上純一名義で『gdgd妖精’s』、『直球表題ロボットアニメ』、『てさぐれ!部活もの』といった作品への楽曲提供を行っているアーティストだ。

ライブには、ゲストに大友ジュンさんの楽曲にゆかりのある声優・明坂聡美さん、西明日香さんが登場。オープニングアクトは、アニメ楽曲のアレンジを担当したhajimeさんをメンバーに含むバンドLiLiが務めた。

大友春祭 ~10周年なんだからてさぐらNight!~

02.黒の栄光

予想以上に盛り上がったオープニングアクトが終わると、いよいよライブがスタート。『サンドウィッチマンライブツアー2014』のエンディングテーマとして書かれた『笑時間』、社会人ラグビーチーム“リコーブラックラムズ”応援ソングの『黒の栄光』と続けて披露した。

今回は、提供楽曲ライブ第2弾ということで、前回から更にパワーアップした大友ジュンさんの姿が見られた。オープニングアクトのLiLiが最高に盛り上げた会場の勢いをそのままに登場した大友さんは「自分のことを知らないかも」ということで自己紹介からスタート。自分のワンマンライブで自己紹介からはじまるというツカミに新しさとセンスを感じた。今年で10周年を迎える大友ジュンさん。『爆転シュートベイブレード』からはじまり、石ダテコー太郎監督作品へと続くタイアップ楽曲の数々をこれから一挙に披露していく。

03.グリーン妄想モンスター

続いては『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』から、『グリーン妄想モンスター』を披露。まるで夢見る女の子のように情感たっぷりに歌い上げた。そして唯一の男女デュエットソングである『それでも町は廻っている』モーションコミック版のエンディング曲『シーサイドストーリー』をLiLiのMiyukiさんと熱唱。うっとりするようなハーモニーが会場に響き渡った。

04.シーサイドストーリー(Miyuki&大友) KEI_5112 05.12ヶ月
1 2 3次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。