ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「からあげクン ホイミ味」はチキンソテーの香り! ガリマヨパワーでHP回復!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
写真は

「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」

ローソンの定番ホットスナック「からあげクン」と、スクウェアエニックスの定番RPG「ドラゴンクエスト」。

その意外な共通点を知ってますか? なになに、“どちらも大人気”?

ノンノン、それは確かにそうですけども、ちっとも意外じゃありませんね。

実はこの2つ、ともに今年で30周年を迎えるのです!

それを記念して今回発売されたのが、この「からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味」です。

“ホイミ”といえば、ドラゴンクエスト(以下ドラクエ)でキャラクターの体力、すなわちHPを回復する呪文。

そんな回復呪文味のからあげクンって、いったいどんな味なんでしょう。

からあげクン ホイミあじ が あらわれた!

スライムが大きく描かれたパッケージ。

裏面に記されたシリアルコードでドラクエグッズが当たるかも?

というわけでさっそく買ってまいりました。

実はホイミ味を買うとレジからドラクエのレベルアップメロディーが流れるんですが、ちょっと店内が騒がしくて聞き逃しちゃったのが残念。

皆さんは注意して聞いてみてくださいね。

さてパッケージにはドラクエの顔とも言うべきモンスター、スライムが描かれています。

ウィンドウに表示された名前は「ドラゴンクエスト ホイミ味(ガーリックマヨネーズ)」。

どうやらホイミ味の正体は、ニンニクとマヨネーズのようです。

その名のとおり開ける前から漂うニンニクの匂い……。

しかもローストとかじゃなく、これはフレッシュガーリックの匂いですよ。

なんでしょう、“やくそう”的なノリなんでしょうか。少々不安です。

このかおりは……ただの マスタードガーリックチキンソテー の ようだ

パッケージの中から立ち上るのは、

マスタード&ガーリックソースのチキンソテーの香り

恐る恐る開けてみると、おや? ちょっと匂いが変わりましたよ?

ニンニクの匂いも確かにしますけど、マヨネーズやチキンの香りも加わって……そうだ、これってマスタードガーリック・チキンソテーの香りじゃないか!

がぜん食欲がわいてきました。

ロトのつるぎ を てにいれた!

ピックとしてついてくるのは“ロトのつるぎ(型ようじ)”

“ロトのつるぎ”がついてくるのは今だけ!

食べる前にちょっと観察。ホイミ味、香りは特徴的ですけど見た目にはレギュラーより赤いかな、という程度であまり変わりません。

ちなみに現在数量限定・先着順で普通のピックの代わりにドラクエの重要アイテム“ロトのつるぎ(型ようじ)”がついてきます。

意外としっかり装飾も再現されてるので、なくならないうちに手に入れましょう。

レアキャラ発見!?

1/700の出現率

また残念ながら今回購入したものには入っていませんでしたが、開発担当の吉田さんによると“700個に1個くらい…?”スライムの焼印入りからあげクンが入っているんだとか。

口に放り込む前に、一度裏表確認するとキュートなスライムに出会えるかもしれません。

でもどうせレアならはぐれメタルにしてほしかったかな?

ホイミの力をつるぎにのせて

ロトのつるぎにホイミをチャージ。

回復呪文よ、わが身を癒せ!

さあそれではなんだか妙な感じですが、ロトのつるぎを手にとってホイミを自分にかけてみましょう。

えいっ、“ホイミ”!(もぐもぐ)

おお、みなぎる!

カリッとした衣の中からは、意外とまろやかなマヨネーズ風味の力強いチキンの旨味があふれてきました。

ガーリックの風味とまろやかマヨネーズ味、

カリッとした衣の中には旨味たっぷりのチキン

ホワイトミートのしっかりした歯応えもまたたまりません。

さすがに怪我は治りませんが、ニンニクパワーでスタミナは回復した気がします。

魔法は使えなくても“どうぐや”――コンビニで手軽に手に入る回復呪文、これはなかなかお買い得なんじゃないでしょうか。

ただしやっぱりそれなりに香りは強烈ですので、使ったあとや他人にかける場合は十分配慮が必要かも!?

ローソン からあげクン ドラゴンクエスト ホイミ味

関連記事リンク(外部サイト)

今週のコンビニパンランキング:春の香りいっぱいの中、九州から地産地消のパン登場!
今週のコンビニパンランキング:ファミマのパンが大躍進! クリームたっぷり!
ごろごろイチゴ♪セブン×コールドストーンの香ばし甘いホワイトアイスバー!

カテゴリー : グルメ タグ :
もぐナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。