ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホにタッチして生体認証!LGが新ディスプレーを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世の中、パスワードや暗証番号に変わって指紋などの生体認証を導入する動きが加速しつつある。すでにiPhoneなどでタッチIDを活用している読者もいることだろう。

そうした端末における生体認証をより手軽に行える新ディスプレーを、韓国LGが開発した。スクリーンをタッチするだけで認証ができるというものだ。

・ボタン並みの高精度!

iPhoneなどでは、物理的なボタン(ホームボタン)で認証を行っているが、LGの新技術ではディスプレーそのものにセンサーが搭載されている。

スクリーンのガラスの裏を0.3ミリ削り、そこにセンサーを埋め込んでいる。そしてユーザーがその部分をタッチするだけで本人かどうかを確認できる。

この精度はボタン並みに高く、誤認率はわずか0.002パーセントなのだという。

・スクリーンを広くとれる!

ガラスにセンサーを埋め込むことで、センサーを水や衝撃などから守ることにもなる。

加えて、物理的なボタンを設ける必要がなくなるのもメリットで、スクリーンをより広くすることができなどデザインの自由度が高まる。

今回の発表で、LGは「モバイル決済が今後浸透するのに伴い、生体認証のニーズはより高まるはず」と新技術の活用に期待を寄せている。

このディスプレー搭載のスマホの発売などについては言及していないが、近い将来の登場が期待できそうだ。

LG

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP