ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5月7日~8日開催! 神戸のドヤ街を彩る名物イベント『新開地音楽祭』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

5月7日、8日に神戸市兵庫区で開催される新開地音楽祭

街中に設置された9ヵ所のステージでさまざまなアーティストが同時進行でライブをおこない、8万人の観客が訪れるという関西でも屈指のフリー音楽イベントだ。

場所柄がまた良い。

新開地と言えば皆が神戸に期待する”お洒落で洗練された”イメージを180度裏切るドヤ街

朝っぱらから千鳥足の中高年男子や競艇施設『ボートピア』に吸い込まれるギャンブラー達がなんとも言えない人生のブルースを奏でている街なのだ。

それを反映して、イベントの看板となってきた過去のメインゲスト達は上田正樹、山本リンダ、尾藤イサオなど、なんともシブい面々。

今年のメインゲスト(7日)もばんばひろふみ&杉田二郎と言うのだからこりゃもう筋金入りだ。

『「いちご白書」をもう一度』、『Sachiko』、『戦争を知らない子供たち』……。

知らない読者は親か祖父母にでも尋ねていただきたいが、時代をいろどったハートフルなヒット曲が楽しめることだろう。

ビンテージ音楽にさほど興味がないという方は各所のステージをめぐり若手の気鋭アーティストを発掘するのもいいし、フリーマーケットや屋台、アート作品展、子供向け遊戯コーナーもおススメだ。

老若男女、お一人様でもカップルでもファミリーでも懐深く受け入れるドヤ街ならではの“バリアフリーなお祭り”だと思う。

※一部の画像を『新開地音楽祭』公式サイトから引用しました
http://shinkaichi.or.jp/ongakusai/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP