ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、「Google I/O 2016」の公式Androidアプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が 5 月 18 ~ 20 日の 3 日間、米国で開催する開発者向けカンファレンス「Google I/O 2016」の公式 Android アプリをリリースしました。Google I/O のアプリでは、カンファレンス初日の基調講演をはじめ、会期中に開かれるセッションやサンドボックスなどセミナーのスケジュールを確認し、自分のカレンダーに予定として組み込むことができます。「エクスプローラー」では、各セミナーの概要や会場内における開催場所を確認でき、「地図」では会場マップを閲覧することもできます。また、例年どおり基調講演や各セミナーのライブ・アーカイブ映像を視聴することもできます。2016 年版はアプリバージョンを v4.x に刷新して提供されています。UI の Material Design への対応が強化された以外に、昨年版からの変化は見られません。アプリでは、参加者モードと非参加者モードを選択することができ、 Google I/O に参加する方も、そうでない方でも利用しやすい内容となっています。「Google I/O」(Google Play)

■関連記事
Nextbit RobinにCyanogenMod 13 Nightlyビルドがリリース
Micromax、YUブランドの新フラッグシップを今月発表へ
LGのサブ画面付きスマートフォン「LG X Screen」がCloveで発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP