ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【画期的な3Dプリンター】独自の“ツルツル表面美加工”でレイヤー跡が消える!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ2、3年で3Dプリントは一気に広がりを見せている。中国発のPolymakerが手がける「PolySmooth & Polysher」は、仕上がりの質にこだわった3Dプリンターだ。

・独自の“ツルツル表面加工”で美しい仕上がり!

3Dプリントの出力の特性上、どうしても表面にレイヤーが浮き出てしまうものだが、「PolySmooth & Polysher」では、あの独特の“レイヤー跡”を、ほぼ目立たなく消してしまう画期的な技術が使われている。表面が“ツルツル加工”され、光沢が出て滑らかな美しい仕上がりになるのだ。

・新素材の“PVB樹脂を使用

FDM(Fused Deposition Modeling)・FFF(Fused Filament Fabrication)の一般的な3Dプリント技術を基盤とした“PolySmooth PVB”には、その名の通り3Dプリントの新素材“PVB(ポリビニルブチラール)樹脂が使われていて、プリントの品質や工程の安定性を高めるほか、伸張性を向上させた。

とはいえ、このプリンターの1番のウリはやはり、独自の“磨き上げ”処理。これには、イソプロピルアルコールやエタノールといった、身近なアルコールが用いられる。

・10µm以下の微小なアルコールを噴霧

本体内には、数百もの10マイクロメートル以下の小さな穴があけられた薄い膜の噴霧器があり、そこからから10マイクロメートル以下の微小なアルコールの水滴が噴射される。その微小な水滴は3Dプリントオブジェクトの表面に吸収され、表面を滑らかにする役割を果たすというわけだ。

ノズルの温度は190-210˚C、張力は40-45メガパスカル、アイゾット衝撃強度は15-18 kJ/m 2と、他社製品と比較しても性能は高い。

また、ヒートベッドは必ずしも必要ではく、より粘度を高めたいときに使えばよい。3Dプリント独特のにおいもほとんど感じない程度だという。

・Kickstarterで出資を募集中

「PolySmooth & Polysher」は現在クラウドファンディングサイトKickstarterで5月26日まで出資を募集しており、目標金額10万ドル(約1064万円)に対し、早くも22万ドル(約2341万円)を突破する人気ぶり。

PolySmooth & Polysher

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP