ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホアキン・フェニックスの豹変ぶりとエマ・ストーンのキュートさに注目! ウディ・アレン最新作『教授のおかしな妄想殺人』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

毎回、ダークかつチャーミングな作品を作り続けているウディ・アレンですが、その監督・脚本最新作『教授のおかしな妄想殺人』が2016年6月11日に日本でも公開となります。
今回の主演はホアキン・フェニックス。生きる意味を失った哲学科の教授・エイブを演じるのですが、迷惑な悪徳判事の噂を耳にして、自らの手でその判事を殺すという完全犯罪に夢中になることで身も心も絶好調になってしまうという、ダークな可笑しさがいかにもウディ・アレン作品。予告編でも、その豹変ぶりを見て取ることができます。

映画『教授のおかしな妄想殺人』予告篇 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=6zrdrjhJAsU [リンク]

本作でもう一つ注目したいのが、『マジック・イン・ムーンライト』(2014)に続いてのウディ・アレン作品に起用となるエマ・ストーン。女子大生ジルを演じているのですが、「複雑な男性って魅力的だわ」とエイブに惹かれていく様子から、“妄想殺人”にとらわれていく彼に戸惑うところまで、とにかくキュートです。

人間の不条理さと滑稽さをテーマにした正当派のウディ・アレン作品に、演技派としての地位を確立しているホアキン・フェニックスの豹変ぶりと、新たなミューズになりつつあるエマ・ストーンのかわいらしさを堪能できそうな『教授のおかしな妄想殺人』。ウディ・アレンならずともチェックしておきたいところです。

『教授のおかしな妄想殺人』

6/11(土) 丸の内ピカデリー&新宿ピカデリーほか全国公開!

監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』
出演:ホアキン・フェニックス『her/世界でひとつの彼女』、エマ・ストーン『マジック・イン・ムーンライト』、パーカー・ポージー『ブロークン・イングリッシュ』
原題:IRRATIONAL MAN/2015年/アメリカ/英語/95分/日本語字幕:石田泰子<2015年カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門正式出品>
提供:KADOKAWA、ロングライド配給:ロングライド

映画『教授のおかしな妄想殺人』公式サイト
http://kyoju-mousou.com/ [リンク]

(c) 2015 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP