ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シシド・カフカ「私、ストライクポイントしかない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


4月29日に放送された、J-WAVE祝日の特別番組「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL LUMINE CARD presents STYLE YOUR HOLIDAY」(ナビゲーター:岡田マリア)。14時からのオンエアでは、竹中三佳がリポーターとなり、ルミネ新宿屋上SAKIDORI Sky Beach内の特設会場に、シシド・カフカさんを迎えました。

シシド・カフカさんは、ボーカリスト、ドラマーのほか、女優やモデルとしても活躍しています。まずは、ファッションの話題に。

シシド・カフカ:やっぱり目がいってしまうのは真っ黒。模様が入っていないサラーっとしたものが好きなんですけど、たまに急に嗅覚が働いて、みんなビックリするような派手なものを買ったりするんです。

竹中:それ、何かあるんですか? たとえば恋をしているから…とか。

シシド・カフカ:あ〜…。(遠くを見ながら)

竹中:あ、そうでもない(笑)。

シシド・カフカ:恋愛も含めてストライクゾーンじゃなくて、私、ストライクポイントしかないんですよ。

竹中:どういうことですか?

シシド・カフカ:ここらへんだったら何でも良いじゃなくて、そのポイントに入ったら、その人とかその洋服が「好き!」ってなるので。そのポイントに入った洋服を急にバーって買う感じはあります。

竹中:一極集中型ってことですね。

青春時代をアルゼンチンで過ごした経験もあるシシド・カフカさんですが、続いて同番組のテーマでもある「東京の新発見スポット」を聞いてみると、代々木上原にある「Mi Choripan(ミ・チョリパン)」と回答。焼いたチョリソーをパンで挟んだアルゼンチンのソウルフード「チョリパン」を提供するお店で、よくテイクアウトで買ってきてもらい、食べているのだとか。使っているのがアルゼンチンの肉ではないので、若干味は違うものの「これはこれで、すごくおいしい」と絶賛します。

「肉々しいです。チョリソーが2つに切ってあるんですけど、肉が所狭しと詰まりに詰まってるんで、食べ応えが十分あって」(シシド・カフカさん)

2年7ヶ月のオリジナルアルバム「トリドリ」をリリースしたばかりで、5月7日からのツアー「シシド・カフカ Tour 2016」に向けて準備中のシシド・カフカさん。最後にGWの予定を聞かれると「ドラムを叩いて過ごします。GWが今日からって、今気付きました」とのこと。多忙で充実した毎日を過ごす彼女に、GWは関係なかったようです。

【関連サイト】
「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL LUMINE CARD presents STYLE YOUR HOLIDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/holiday/20160429/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP