体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

痛車が1000台集結!第5回痛Gふぇすたリポート

アニメやゲームのキャクターを車に装飾された『痛車Gふぇすた』が9日、お台場レインボータウンで行われました。

“痛車”とは、アニメ・ゲームのキャクターを装飾した車やバイクのこと。最近は外装の装飾だけではなくカーオーディオなどの内装をドレスアップしトータルのビジュアルアップを狙った“痛車”が多く、一般の方も参考になるレベルになってきています。

広大な会場は全国から集まった“痛車”で埋め尽くされていました。まさに会場はお祭りの雰囲気で、ステージライブやダンスイベントで大勢の観客が集まっており、華やかなイベントとなっていました。

この会場全部が“痛車”。これでも会場の一部です。カメラでは広大な会場を全部収める事は出来ません。

漫画・アニメのキャラクターを装飾した“痛車”の一部です、人気は『けいおん!!』『とある科学の超電磁砲』『侵略イカ娘』『まどか☆マギカ』でした。中にはプラグインEVカー“痛車”も登場していました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。