体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【幸せの国ブータンに学ぶ】仕事がうまくいかないときに効くブータン人の5つの教え

【幸せの国ブータンに学ぶ】仕事がうまくいかないときに効くブータン人の5つの教え
f:id:k_kushida:20160427180909j:plain

仕事でもストレスを感じない、幸せなブータン人

ブータン国王夫妻の来日をきっかけに、一躍「幸せの国ブータン」ブームが巻き起こったのは、2011年のこと。97%の国民が幸せを感じている(2005年ブータンの国勢調査)というブータン人の生き方に日本中が注目しました。そこから5年、ブータン・ブームが再燃しています。実は2016年はブータンと日本は国交樹立30周年にあたる年で、各地でブータンに関する様々なイベントが数多く企画されているのです。

今なお、多くの日本人の心をとらえて離さない幸せの国ブータン。チベット仏教がもととなっている「足るを知る」生き方もさることながら、97%の国民が幸せを感じる背景には、ストレスフリーの働き方があります。なぜ、ブータン人はストレスなく働けるのでしょう。

そこで今回は、『世界一しあわせな国 ブータン人の幸福論』(福永正明監修・徳間書店刊)のなかから、「仕事がうまくいかないときに効くブータン人のことわざ」を取り上げます。

頑張っているのに、なかなか実を結ばないとき

「ゆっくり歩けば、ロバでもラサに行ける」

ブータンの古いことわざです。ラサとは、現在の中華人民共和国チベット自治区のラサ市のこと。昔はそこに行くのには、急な坂道をいくつも越えなくてはならず、馬で行くのも困難な場所でした。ロバでは到底、力不足なのですが、それでも歩き続けることをやめなければいつかは行ける。「どんなことでも続けてさえいれば、いつかはゴールにたどり着けるよ」という意味で使います。ブータンでは、物事がなかなかうまくいかない同僚がいると、この言葉をかけてあげるそうです。結果がなかなか出ないときはとても苦しいものですが、「少しずつでも歩き続けていれば、いつかはゴールにたどり着く。今やっていることは無駄ではない」と考えると気が楽になりますよね。f:id:k_kushida:20160427181031j:plain

仕事を抱え込んでしまったとき

「水のないところに橋をかけるな。義務のないところに責任をとるな」

「できもしないこと、必要のないことに首を突っ込んで、後になって無責任に放り出してはいけないよ」という意味のブータンのことわざです。ブータンの人たちは、身の丈に合った暮らしができればいいと思っています。仕事も同じで、自分の力にふさわしい身の丈に合った仕事ができれば充分だと考えています。このことわざは、仕事をたくさん抱えてしまって身動きが取れなくなってしまっている同僚に、「そんなに無理するなよ」とやさしく声をかける時に使うのだそうです。確かに仕事は欲張るとろくなことがありませんよね。f:id:k_kushida:20160427181143j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。