ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デザイナー「パンダ」が遂に米ソングチャートNo.1、米アーティストが41週ぶりの首位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 デザイナーのデビュー作にして大ヒット曲「パンダ」が、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”(5月7日付)で首位に立つことがわかった。ニューヨーク州ブルックリンのベッドフォード=スタイベサント出身の同ラッパーは、ドレイクをフィーチャーしたリアーナ「ワーク」の9週に渡った首位制覇を食い止めるとともに、41週ぶりに米国出身アーティストが同チャート首位を奪回した。また、ドレイクの「ワン・ダンス」が同チャートのトップ5入りを果たしている。

designer.jpg

 「パンダ」はグッド・ミュージック(カニエ・ウェスト設立のレーベル)のインプリントとデフ・ジャム・レコードからリリースされており、先週2位からの首位獲得となった。ニールセン・ミュージックによると、同曲は4月21日締めの週間全米ストリーミング回数が23%増の3,500万回に達し、“Streaming Songs”チャートで2週連続No.1となっている。同曲の公式ミュージック・ビデオは現在制作中であり、VevoのYouTube再生数がない状態での結果だ。

 41週にわたり非米国出身アーティストが同チャートNo.1を占拠した記録に終止符を打ったデザイナー。米国出身アーティストが“Hot 100”首位に立つのは、ウィズ・カリファ(ノースダコタ州マイノット出身)がチャーリー・プース(ニュージャージー州ラムソン出身)をフィーチャーした「シー・ユー・アゲイン」で制覇した2015年7月25日以来となる。その後の41週は、OMI、ザ・ウィークエンド(2曲)、ジャスティン・ビーバー(3曲)、アデル、ゼイン、リアーナ、ドレイクの非米国出身アーティストが占拠(非米国出身アーティストによる首位制覇最長記録)し続けていた。

 「パンダ」に続くのは、先週3位からアップしたルーカス・グラハムの「セブン・イヤーズ」で、4週目の最高位となる2位にチャートインしている。

 3位は先週13位から急浮上したドレイクの「ワン・ダンス」(ウィズキッドとカイラをフィーチャー)で、自身17作目のトップ10入りとなっている。

 4位のリアーナ「ワーク」は、カルヴィン・ハリスをフィーチャーした「ウィー・ファウンド・ラヴ」での首位最長自己記録(10週)に一歩及ばなかったものの、彼女にとって14作目の“Hot 100”No.1曲であり、依然として故マイケル・ジャクソンの13作を上回る史上3番目の最多記録となっている。

 5位はマイク・ポズナーの「I Took a Pill in Ibiza」で6位からワンランクアップ。これまでの自己最高位6位を更新し、初のトップ5入りを果たしている。

 フィフス・ハーモニー初のトップ10ヒットとなった、タイ・ダラー・サインをフィーチャーした「ワーク・フロム・ホーム」が新たな最高位となる6位に上昇。続く7位はメーガン・トレイナーの「ノー」、8位はゼインの初登場1位曲「ピロウトーク」が5位からのダウンとなった。

 ジャスティン・ビーバーの「ラヴ・ユアセルフ」は先週8位から9位へとランクダウン。トップ10最後を締めくくるのは、G-EazyとBebe Rexhaの「Me, Myself & I」という結果となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

ドレイクがニューアルバム『Views From the 6』のリリース日を発表
リアーナ&ドレイクの「ワーク」が米シングル・チャートを制す
ザ・ゲーム 全米2位記録!ドクター・ドレー、ドレイク、ケンドリックら参加の最新作が2枚組特別仕様で発売

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP