ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新発売「僕ビール、君ビール。よりみち」はこれまでの「僕ビール、君ビール。」とはまったく違いました。ホップの香りに惚れ込み担当者さんが社長承認をすっとばして契約したそうです

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ぐーたら社長のふかみんです。
昼間っからお酒飲んでます。本日発売の「僕ビール、君ビール。よりみち」ですが、待ちきれないので早速飲ませていただきました。

この新しいビール「僕ビール、君ビール。よりみち」ですが、これまでの「僕ビール、君ビール。」とちょっと違うだけかなー、などと思っていたらあまりの違いに驚きました。「よりみち」はフルーティな中に「若さ」を感じる香り

ホップの香りに惚れ込み社長承認をすっとばしてその場で契約

この「よりみち」で使われているホップですが、ヤッホーブルーイングの調達スタッフが単独でアメリカに渡った際、試験栽培されているものの中からみつけたものだそうです。このホップ、その時はまだ名前もついておらず、市場にも出回ってないものだったのですが、その香りにスタッフが惚れ込んでしまい、社長承認をすっとばしてその場で契約をしてしまったとのこと。それぐらい現場権限があって、良いものはその場の判断で取り込んでいく、というこの「前のめり加減」がえぇなぁ。

おもわずスタッフが惚れ込んでしまうこのホップを、ふんだんに使用したこのビール、なんとこれまでヤッホーブルーイングさんの中では最もホップを使っていると言われていた「インドの青鬼」よりも多く使用してるそうです。

新緑の森の中にちょっと踏み込んで「よりみち」する感覚

口に含むと春の芽吹きのような若々しさとともに、森の奥に踏み込んでいくような広がりと濃厚さを味わえます。

この感覚はまさに自然の中を散歩しながらちょっと「よりみち」をして違う空気を味わう感覚に似ています。

「僕ビール、君ビール。」も香りがよいビールでしたが後味にキリッとした苦味がありました。「よりみち」は全く違ってスウィートで飲みやすい。「ビールは苦いから…」と思ってる人に是非試して欲しいです。

これまでの僕ビールが秋の深い味わいなら、「よりみち」は春の鮮烈さや幸福感が乗っかってるなと思いました。ちなみにアルコール度数は4.5%とやや低めに抑えてあります。これも飲みやすさの秘密でしょう。

色も比較してみましたが、よりみちの方が淡めでクリアです。

ちょっと違うなんてものじゃなく、まったく違うビールです。ヤッホーブルーイングの人にきいてみたところ、「僕ビール、君ビール。」のビアスタイルは「セゾン」で「僕ビール、君ビール。よりみち」のビアスタイルは「アメリカンウィート」。ビール通の人だと「アメリカスタイルだから、こっちの方がホッピーな感じかな」とわかるそうです。ホッピーってこんな感じなんだ! とはじめて気づきました。

この「僕ビール、君ビール。よりみち」、個人的にはすごく好きです。なんといっても香りがよいんです。コップなみなみに注ぐのではなく7分目ぐらいに注いで、グラスの中の香りを楽しみながらゆっくり飲みたい、そんなビールです。

「僕ビール、君ビール。よりみち」 4/26(火)より、全国のローソン・ナチュラルローソン・ポプラ酒販店で購入できます。

カテゴリー : グルメ タグ :
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル・東京産業新聞社社長。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP