ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴールデンボンバー 他に類を見ない試み! 最新シングルにVR(仮想現実)コンテンツを収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ゴールデンボンバーが4月27日に、ニューシングル『水商売をやめてくれないか』を発売する。メンバーが土下座をするシーンが印象的なPVも話題になっているが、今回、初の試みとなるVRにも注目が集まっている。

 VRとは、バーチャルリアリティー(仮想現実)のことで、視聴機を通して見ることで、あたかも現実であるかのように体験することができる技術。ゲーム、医療、エンターテイメントなど、その使用方法は多岐にわたり、現在最も期待が持たれている分野の一つである。

 今回、ゴールデンボンバーが発売するニューシングルは、[CD]と、[CD+オリジナルVRビューワ+コンテンツ視聴用QRコード]の2形態でリリースされる。

 同映像は、3月15日に豊洲PITで行われたライブの中から4曲を、最前列のど真ん中に360°カメラを設置し撮影されたもの。付属のVRビューワで見ると、あたかも最前列ど真ん中に居るようなバーチャル体験ができる。ライブに参加した人は感動の時間を再び味わえ、1度ライブに行ってみたかった人も、自宅に居ながら、手を伸ばせば届きそうな臨場感でライブ映像を楽しむことができるようだ。

 また、YouTubeのZany Zap official channelでは、付属のVRビューワの使い方をメンバー自らが説明している動画を公開中だ。(https://youtu.be/Y-rU8nYngos)

 2016年は、VR元年とも呼ばれ、GoogleやMicrosoftからVRヘッドセットが発売、PlayStationRVRが発表されたりと、普段聞き慣れないVRという言葉を、一度は耳にしたのではないだろうか。音楽CDでの大規模なVR展開は他に類を見ない。是非、今のうちからチェックしておこう。

◎ニューシングル『水商売をやめてくれないか』
2016/4/27 RELEASE
[CD+オリジナルVRビューワ+コンテンツ視聴用QRコード]
※初回生産限定 EAZZ-0162 2,300円+税
[CD] EAZZ-0163 1,000円+税
<CD収録曲(全2タイプ共通)>
01.水商売をやめてくれないか
02.GLORY LOVE(完全版)
03.GLORY LOVE(茶版)
04.同じ日記
05.水商売をやめてくれないか(オリジナル・カラオケ)
06.GLORY LOVE(オリジナル・カラオケ)
07.同じ日記(オリジナル・カラオケ)
<VRコンテンツ(初回限定盤のみ)>
2016.3.15 豊洲PIT開催【ゴールデンボンバー喜矢武豊 ハッピーバースデーパーティー】より
・「ワンマン不安」
・「水商売をやめてくれないか」
・「†ザ・V系っぽい曲†」
・「女々しくて」

関連記事リンク(外部サイト)

ゴールデンボンバー 1年8か月ぶりSg『水商売をやめてくれないか』詳細発表
ゴールデンボンバー 喜矢武豊主演舞台『GOKU』千秋楽公演のライブビューイングが決定
金爆「紅白出られなかったらグレよう」 生き残れるか、悲壮感あらわ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP