体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Key』が贈る珠玉のSF感動作! 配信・劇場アニメ『planetarian』製作発表会レポート

TOP

2016年4月15日、数々の泣ける名作ゲームを世に輩出している『Key』の珠玉のゲーム『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』のアニメ化プロジェクト『planetarian project』の製作発表会が、東京・秋葉原ラジオ会館にて開催されました。

エイプリルフールに突如として公開された特報PVから半月が経ったその日、ついに謎に包まれていたプロジェクトのベールが剥がされました。

DSC_4542_500

製作発表会には、MCを務めた声優の白石稔さん、ビジュアルアーツからディレクターの丘野塔也さんと広報の池田憲彦さん、アスミック・エースからプロデューサーの青井宏之さん、そして、スペシャルゲストとして本作の監督を務める津田尚克監督と、劇伴などの音楽を担当する折戸伸治さんが登壇しました。

時を経て12年、ついにアニメ化が決定!

DSC_4341_500

12年前の原作制作にも携わっていた丘野さんは、「12年前の企画がまた新たにアニメ化という形でお届け出来るということは、それだけ長い間ファンの方に支持されてきて、ついにたどり着いた境地」とコメントし、『planetarian』制作当時のエピソードなどを語られました。

原作ゲーム『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』は、Yahoo!BB専売のダウンロード販売タイトルとしてスタートし、初回の販売本数はたった2桁でした。それから12年の月日を経て、PS2や海外ゲームサイト『Steam』など様々なプラットフォームに移植されユーザーに愛され続けた本作は、現在では10万本を優に超える売上を誇る人気タイトルにまで成長しました。

“配信”と”劇場” 異なる2つの視点で語られる物語

DSC_4556_500

プロデューサーの青井さんからは、配信版と劇場版の2つの物語で展開される本プロジェクトの概要が発表され、配信版ではゲーム本編『ちいさなほしのゆめ』が、そして劇場版では小説として描かれていた本編の後日談『星の人』が映像化されることが明かされました。そして、制作をdavid productionにオファーした理由として、「原作をリスペクトして制作して頂けるスタジオであったから」とコメントしました。

DSC_4508_500

監督を務める津田さんは、本作においては配信と劇場という特性を活かして、”ゆめみ”と”屑屋”それぞれの視点から心情を描き、一本道の原作では描かれなかったアニメでしかできない表現を見せたいと語られました。

作中のプラネタリウム投影シーンについても、プラネタリウムの素材制作など天文系コンテンツの制作で知られる株式会社アストロアーツの協力の下、リアルな星空として描かれることが発表されました。

音楽ではあのタッグが再び!

DSC_4597_500

Key作品には欠かせない、作品を彩る音楽スタッフは折戸伸治さん、どんまるさん、竹下智博さんが担当することが発表された際には、会場に大きな歓声が上がりました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。