ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RiftCat、VRアプリ「VRdige」にAndroidスマートフォンとCardboardでSteamVRゲームをプレイできる機能を追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android でバーチャルリアリティゲームを利用できる RiftCat の Android アプリ「VRidge」が Valve の VR プラットフォーム「SteamVR」をサポートし、HTC Vive の VR ゲームを Android スマートフォンと市販の VR ヘッドセットで利用できるようにしました。SteamVR は Steam を介して VR ゲームを配信するプラットフォームで、HTC Vive は SteamVR で配信されているゲームで様々な VR ゲーム体験を提供します。VRidge の SteamVR サポートは公式に行われたわけではなく、RiftCat が独自に対応したものですが、Cardboard や他の VR ヘッドセットでも SteamVR のハイクオリティな VR ゲームがプレイできるようになりました(画質や性能は下がると思いますが)SteamVR を利用するには、PC 側の Steam(v0.5.4.0 以上)に SteamVR をインストールして、さらに、SteamVR 用の VRidge ドライバを追加します。詳細は下記のリンク先に掲載されています。現在、SteamVR 用の VRidge ドライバは試験提供中で、SteamVR ゲームとの互換性は担保されていません。そのため、RiftCat は Android 利用のためだけに SteamVR ゲームは購入しないようにと推奨しています。「VRidge」(Google Play)、RiftCat

■関連記事
Google PlayミュージックのWEB版とアプリでテーマカラーや検索バーのデザインが更新
Google、アプリ賞「Google Playアワード」の発表と表彰をGoogle I/Oで実施
Xiaomiは「Mi Max」を本気で発売するつもり? ティザー活動を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP