体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井上真行監督、池田大主演による新作映画『なけもしないくせに』が 4/23より上映

nakemo25

 

ENBUゼミナール・シネマプロジェクト第5弾作品として製作され、公開を目前にしてイタリア・ナポリで開催される映画祭「Gulf of Naples Independent FilmFestival」への正式招待も決定した注目作『なけもしないくせに』が4月23日より新宿K’s cinemaにていよいよ上映が始まる。

 

本作は、2009年「一秒の温度」でPFFグランプリと観客賞をダブル受賞し、14年「正しく忘れる」が劇場公開された井上真行監督のオリジナル脚本による新作で、多くのキャストはオーディションにより選ばれている。

 

主演の池田大は、昨年YouTubeにて公開され瞬く間に100万回再生を突破し話題となっている「ぼくのりりっくのぼうよみ」MVシリーズをはじめ映画、ドラマなどを中心に活躍する新進気鋭の俳優である。

その他、『友だちのパパが好き』(山内ケンジ監督)や『バクマン。』(大根仁監督)など話題作に出演する傍ら、演劇プロデュースユニット「城山羊の会」の常連でもある岡部たかし、『滝を見に行く』(沖田修一監督)での好演が記憶に新しい德納敬子、国民的美少女コンテスト審査員特別賞の尾中琴美らがキャストに名を連ね、またオーディションキャストからは『サイコロマンティック』(柴田航監督)などの主演作も公開待機される品田誠をはじめ、新たな若き才能が多数集結している。

 

そして本作の劇中音楽を手がけたのはtold、ドレスコーズ、0.8秒と衝撃。や話題のソロプロジェクトarko lemmingなどマルチな活躍が目覚ましい稀代のミュージシャン、有島コレスケ。

全ての楽器を一人で手がけた有島の音楽は、作品にそっと寄り添いながらも新たな色を添えている。

 

地元ロケーションサービスのメンバーや地元エキストラの全面協力によりオール蒲郡ロケによる撮影が実現し、地方で働く人々や街の空気感をリアルに映像のなかに映し込むことに成功している。

 

上映スケジュールは4/23(土)~29(金・祝)の1週間、連日21時からの1回上映。

尚、24(日)27(水)は井上監督新作短編、および過去作が上映される。

nakemo3nakemo6

 

nakemo11nakemo15 nakemo19

 

『なけもしないくせに』予告編

https://www.youtube.com/watch?v=AnTUJFIwVBs

「Gulf of Naples Independent FilmFestival」オフィシャルサイト

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。