体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Johnny & Jessy』というキセカエができる靴を徹底的に履き倒してみた!

01-2016-04-02 11.16.01_R

靴の常識を覆す面白いものが販売されていたので、試してみた。
“Johnny & Jessy”というこの靴は、Johnny(アッパー)とJessy(ソール)がジッパーで取り替えできるユニセックスのキセカエシューズで、好みの靴をアレンジできるというもの。

記者は、ある想定を考えていろいろ試してみた。

2016-04-02 10.59.27_R

まず、ソールの部分はすべての靴で共通となる。
メーカーは、キセカエを強調しているが、貧乏性の記者はそんなことよりも「靴なんてものは履いていれば消耗するのは底の部分じゃないか。ということは、底さえ買い足していけばいつまでも好みの靴を履き続けられるのではないか?」ということに気が付いた。

2016-04-02 11.00.14_R

一方、靴のアッパーの部分は何とも心もとないフニャフニャ感。「こんなので大丈夫か?」と思ってしまう。
もっとも、かかとを踏んでも履けるタイプだと公表しているので、これでもいいのだろうが、それにしてもフニャフニャでペラペラだ。
しかし、これが後で魔法のように変化する。

2016-04-02 11.00.42_R

もう一つのアッパーは、黒色の革靴のようなものを選択した。
「ある想定」とは、冠婚葬祭で遠くに出かけなければならない時を思ったのだ。
すなわち、このペラペラの黒革のアッパー部分だけを礼服と一緒に持っていけば、往復に履く普段履きのアッパーと取り換えればOKという寸法だ。

2016-04-02 11.07.27_R

魔法の状態とは、ジッパーをきちんと閉じるとフニャフニャだったアッパー部分が、しっかりとした普通の靴に変わってしまったことだ。
これには正直驚いた。完璧なサイズ合わせができる製造工程でないと無理な話だと感じた。

2016-04-02 11.07.54_R

革靴のようなアッパーは、さすがにフォーマルな席へは厳しいかもしれないが、ライトフォーマル程度、あるいはスーツでの通勤には十分なデザインだろう。

2016-04-02 11.08.06_R

ジッパーはYKK製で安心感はある。

2016-04-02 11.08.18_R

サイズは欧州表記なので、日本のセンチメートル表記とは若干違うが、不安な人には無料でサイズ合わせ用の靴を送ってくれるので安心だ。記者の感想では、普段のサイズより少し大きいサイズの方がいいかもしれない。

2016-04-02 11.08.52_R

ジッパーを合わせて一周させる間の段階ではこういう画になる。

2016-04-02 11.09.30_R

この写真が何を示しているのかというと、左右は絶対に間違えない構造になっているということだ。
つまり、ジッパーのつまみ部分は左はソールに、右はアッパーについているので、左右で間違えようがないというちょっとしたことだが、ありがたい工夫だ。

2016-04-02 11.10.14_R

防水のために、足が乗るウレタン部分は少し上にある。つまり、若干厚底だということだ。

2016-04-02 11.13.33_R

このジッパーにも工夫が凝らされていて、閉めてつまみを90度倒すと内部でロックされる機構になっている。この機構のおかげで、つまみが歩いている最中にプラプラすることはない。

2016-04-02 11.16.36_R

見て触っただけではわからないことをメーカーに書面インタビューで答えてもらった。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy