体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

油そば好きなら必食の一杯を発見したので報告したい @『最強ラーメンFes,』町田

gachi022_R

最強なラインナップでお届けする『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』ですが、あえて言おう!

「自分、油そば好きっす!」

そもそもが生来のキャットタンである筆者に、熱々のラーメンとか無理があります。

というわけで、日本全国の猫舌な人達に”油そば”の美味しさを啓蒙する活動を、さりげなく『最強ラーメンFes,』に便乗して行おうと思った次第です。

『油そば専門店GACHI』

gachi001_R

つけ麺やラーメンに留まらず、何気に“油そば”みたいな混ぜそば系も充実している『最強ラーメンFes,』で御座います。

どうしてもラーメンにおける要である“スープ”が無い分だけ、上から目線で見下されることの多い油そばですが、ぶっちゃけ油そばって美味しいんですよね。

他にもネーミングが“油そば”みたいな油先行タイトルなので、どうしても女子層や意識高い系の票が得られないみたいな、生まれながらの悲哀が足を引っ張りメジャー化されてない昨今の風潮は否めません。

『イベリコ豚の油そば(味玉のせ)』をアピールする!!!

gachi002_R

そんな宿命を背負った油そば専門店となると、絶大なハンデを背負った感がジワジワ来ますが、あえて言おう!

「イベリコ豚、舐めんなよ!!」

gachi004_R

通常、油そばと言うとビジュアルが地味、ぶっちゃけ昭和初期の女優みたいな感じで、見る人が見れば雅なのですが昨今の若者のハートを掴むには至らない的な何かで御座います。

gachi005_R

しかし!

いかに“ゆとり世代”以降、さらには平成生まれのヤングでも世界の“イベリコ豚”にはグッと来るはずです。

gachi006_R

「イベリコ豚? 知らねぇwww」

とかいう人種は、今すぐマッハでググりやがれコノ野郎ってくらいの常識ですので、今すぐ検索して“イベリコ豚”様の偉大さと尊さを思い知って下さい。

gachi023_R

はい、というわけで地味な油そばにイベリコ豚様をインしたのが『イベリコ豚の油そば』で御座います。

とにかくビジュアルが地味な“油そば”ですが、やれば出来る子ってことが分かったと思います。

具材も盛り沢山だぞ『イベリコ豚の油そば』

gachi029_R

「イベリコ豚ヨシ!」

gachi028_R

「メンマ、ヨシ!」

gachi027_R

「カイワレ&海苔、ヨシ!」

gachi025_R

「味玉、ヨシ!」

gachi026_R

「ナルト、ヨシ!」

『イベリコ豚の油そば』状況、開始!!!

混ぜてからが本番である!

gachi031_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。