ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“大気中の水分”を飲み水に変え、セルフで貯水する魔法のボトル「Fontus」が、いよいよ市場化へ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、“大気中の水分を飲み水に変換し、セルフ充填する自転車用ボトル「Fontus」”を紹介した。

このほど、いよいよ本格的な市場化を目指して、Kristof Retezar氏を中心としたチームでは、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資募集を開始している。

 

・「Fontus Airo」と「Fontus Rydeの2種類

「Fontus」には、「Fontus Airo」「Fontus Ryde」の2種類がある。

「Fontus Airo」は持ち歩くのにピッタリな形状の水のボトルで、まさにペットボトルの代わりを果たしてくれる。

・放置しておくだけで、いつの間にか水がたまっている

内部には小さなファンが設置されていて、これが大気中から空気を引き込み、特殊なフィルターを作動させて、“水滴濃縮室”の中へと押し入れていく。

小型クーラーが、大気中の湿気を圧縮し、最終的に発生した水滴がボトル内に貯水されていく仕組みだ。つまり、放置しておくだけで、気がついたらボトル内に水がたまっている……というわけ。

・太陽光で動作、スマホの充電もできる

このボトルは、フレキシブル素材のソーラーマットを通じて、エネルギー供給がされ動作する。そのため、他に電池を用意する必要はなく、屋外に出かけているときにも安心して使える。

USBケーブルで接続すれば、手持ちのスマートフォンを充電することだって可能だ。

自然エネルギーで自家発電する上、ペットボトルを使い捨てすることもなく、ゴミを減らせるため、環境に優しいのが大きな魅力。最大0.8リットルの水を貯水することができる。

・自転車への取り付け・取り外しもラクラク

一方「Fontus Ryde」のほうは、自転車用として設計されたもの。自転車のフレームに簡単に取り付け・取り外しができるようになっている。

デバイス上部にソーラーパネルが設置されており、同じように太陽光をエネルギーソースとして、大気中の水分を集めて凝縮し、セルフで水を精製してボトル内に水をためていく。

基本の仕組みは変わらないようだが、「Fontus Airo」と違って、スマートフォンなどの電子機器の充電はおこなえないようだ。

・プレオーダー受付中

わざわざ水源を探しにいく手間も時間も省け、環境にも優しい「Fontus」は、まさにアウトドア必携のお供になりそう。プレオーダー価格は、「Fontus Airo」が250ドル(約27000円)、「Fontus Ryde」が165ドル(約17800円)、プラス配送料金となっている。

Fontus

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP