ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Meizu、3D Touch対応の5.2インチハイエンドモデル「Meizu Pro 6」を正式発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカー Meizu が iPhone を強く意識した新型 Android スマートフォン「Meizu Pro 6」を正式に発表しました。Meizu Pro 6 は、昨年 9 月に発表されたメタルボディのハイエンドモデル「Meizu Pro 5」の後継で、新モデルではディスプレイサイズが 5.7 インチから 5.2 インチ(1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED)に縮小し、ミドルサイズの製品になりました。また、スペックも全体的に刷新されています。外観は Meizu Pro 5 と同じメタルボディと 2.5D パネルを採用したデザインなのですが、ベゼルを 0.715mm に狭くして横幅を 70.8mm に減らし、5.2 インチ端末の中で最もスリムな機種になりました。また、筐体の厚みは 7.25mm とかなりスリムです。Meizu Pro 6 には世界初の「MediaTek Helio X25」が採用されました。これは、10 コア CPU を内蔵した MediaTek の最新 SoC で、前作から性能の大幅な向上を期待できます。また、バッテリー容量は 3,000mAh と 5.2 インチ端末では大きいのですが、mCharge 3.0 と呼ばれる 24W の電力供給に対応した充電機能によって、わずか 1 時間でフル充電できると言われています。USB コネクタは USB Type-C(USB 3.1 Gen1)に準拠しています。 Meizu Pro 6 は Apple の 3D Touch のような 3D Press 機能を搭載しています。これは、ホーム画面を強めに押すとコンテキストメニューを表示したり、ギャラリーアプリではサムネイルを強く押すと大きな画像でプレビューできたりするなど、これまでの機種にはなかった操作性を実現しています。このほか、4GB RAM、32GB / 64GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 2,100 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラを搭載。リアカメラには 10 個の LED フラッシュが仕込まれています。あとは、何やらエヴァンゲリオンとコラボしているようです。Meizu Pro 6 の価格は、32GB モデルが 2,499 元、64GB モデルが 2,799 元です。フラッグシップモデルの現地相場は 4,000 元 ~ 6,000 元なので、比較的安価だと言えます。Source : Meizu

■関連記事
ゼネラル・オイスター、ポイントカード「Oyster Piece Club」のAndroidアプリを4月15日にリリース
GoogleカレンダーのAndroidアプリに目標を登録すると自動的にスケジューリングする「ゴール」機能が追加
USB 3.0 Promoter Group、仕様に準拠していないUSB Type-C製品から電子機器を守る「USB Type-C 認証」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP