体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春到来! わが家のゴキブリを徹底的に退治するには?

家中のGを駆逐することはできるのか? アース製薬にきいた

SUUMOジャーナル編集部きっての「ゴキブリ嫌い」K女史。そのK女史が春の到来に怯えている。4~5月は、冬を越したゴキブリが活動を始める時期だからだ。この季節、家の中のゴキブリを全滅させる方法を、アース製薬マーケティング総合戦略本部ブランド企画部課長の渡辺優一さんに聞いてみた。

姿が見えるゴキブリを退治するだけでは不十分

「私、ゴキブリが家にいるとすぐに近所の女友達に鬼のように電話をして退治を頼んでいるんです」と言うSUUMOジャーナル編集部きっての「ゴキブリ嫌い」K女史と、その言葉を「…ねえその“友達”ってホントに女の子?」と疑っている私とが、アース製薬本社を訪れたのは3月半ば。まずはマーケティング総合戦略本部ブランド企画部課長の渡辺優一さんに、この時期のゴキブリの生態について尋ねた。

「確かに、家電製品の裏側や中、段ボールの隙間など、暖かいところで冬を越したゴキブリが、春になると出てき始めます。当社の『毒餌剤(どくじざい)』も、一番売れる時期は5月。出てきたゴキブリの姿を目にして購入する人も多いのでしょう」(渡辺さん)

目の前に現れたゴキブリをすかさず仕留めるには、直接ゴキブリにかける殺虫スプレーが有効だ。ただし、「ゴキブリを1匹見つけたら100匹いると思え」という通り、その背後にはもっと多くのゴキブリがうごめいているはずだと言う。

「ゴキブリは夜行性なので、明るいところにはあまり出てきません。明るいところで見るということは、それだけ暗いところにもっと多くのゴキブリが隠れているということ。殺虫スプレーでは駆除できません。問題は、それらのゴキブリをいかに退治するかなのです」(渡辺さん)【画像1】夜行性のゴキブリは、周りが明るい間は活動せず、暗くなってからの活動量がグンと増えることが分かる。特に、卵を持ったメスはあまり出歩かないので駆除が難しいそう(画像提供:アース製薬)

【画像1】夜行性のゴキブリは、周りが明るい間は活動せず、暗くなってからの活動量がグンと増えることが分かる。特に、卵を持ったメスはあまり出歩かないので駆除が難しいそう(画像提供:アース製薬)

根絶やしにする第一歩は、『くん煙剤』を2回使用すること

非常に繁殖力があることから、爆発的に増えてしまうというゴキブリ。K女史が「繁殖力があるってことは、卵を産んで増えていくってことですよね。この間、家で小さいゴキブリを見ちゃったんですけど、それって…」と恐る恐る尋ねたところ、渡辺さんは即座に「生まれてますね。爆発的な繁殖の序章です」と答えた。

爆発的な繁殖の序章!? では、ゴキブリがすでに家に侵入していて、卵まで産んでいるとなったら、まずどうしたらいいのだろう?

「ゴキブリは暗い隙間に巣をつくって集団で身を寄せ合っています。駆除するためには、細かい隙間に薬剤が届きやすい『くん煙剤』を焚くのが有効です」(渡辺さん)

ゴキブリに微量の薬剤(ピレスロイド系)があたると、弱い神経興奮が発生する。ゴキブリは自分の意思とは無関係に多動を繰り返し、結果的に、より薬剤成分が濃い場所にバタバタと出てきてしまうのだという。だからこそ、確実に駆除できるわけだ。

「ただし、ゴキブリの卵は殺虫成分を通しにくい固い殻『卵鞘』(らんしょう)に覆われているので、卵の状態で駆除するのは難しいのです。そこで、卵が孵化する2~3週間後をめどに再びくん煙剤を焚くと、残った卵から孵った幼虫も駆除できて、その後の発生をグンと減らすことができるわけです」(渡辺さん)【画像2】家庭に多いクロゴキブリの成長サイクル。22~28個の卵が入った卵鞘を、一生に15~20回産卵するということは、多いと一生で約600個の卵が産まれることになる(画像提供:アース製薬)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。