ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、電源OFFや圏外でも失くした端末を探せるサービスを提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 4 月 12 日、カスタマーサポートに連絡するだけで失くしたスマートフォンやタブレットを探索できるサポートサービス「紛失ケータイ捜索サービス」に、電源 OFF や圏外の場合でも端末を探索できるようにする新機能を追加しました。「紛失ケータイ捜索サービス」は、カスタマーサポートのオペレーターがユーザーに代わって紛失したスマートフォンやタブレットの所在を確認する 24 時間対応のサポートサービスです。従来は端末の電源が入っていることと、圏内である場合にしか探索できませんでしたが、本日から電源が入っていない場合や圏外でも、最後に通信した基地局の位置から、その時点のおおよその場所を探索可能になりました。おおよその場所が分かるのと、わからないのとでは探す手間に大きな差が出てくるので、今回の新機能はピンポイントでは探せませんが、大いに役立つと思います。Source : ソフトバンク

■関連記事
いいよねっと、スマートフォン連携や地図表示に対応したマルチスポーツ向けGPSウォッチ「epix J」を4月23日に発売
NTTドコモ、「ARROWSケータイ F-05G」のソフトウェアアップデートを開始、SMS送信問題を修正
Google、Android Marshmallowの新リビジョン「android-6.0.1_r30(MOB30D)」をリリース、Nexus 5 / 6 / 7 / 9用のファクトリーイメージも公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP