ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイボール飲み放題で唐揚げも食べ放題の破壊力!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

山盛り唐揚げ

皆さん、唐揚げは好きですか?

わたしは大好きです。Twitterで「唐揚げ」と誰かが呟けば「 \ 唐揚げ!/」とリプライしてしまうほど唐揚げが好きです。

そこまででなくとも、日本人の多くはなぜか唐揚げ好き。そんな人たちにぴったりなキャンペーンが4月4日から4月10日の1週間限定で開催されました。

その名も
アゲハイプラン!!「唐揚げ食べ放題とハイボール飲み放題」

あと1日で終わってしまう! という間際にようやく唐揚げ好きな仲間が集まり「居酒屋いくなら俺んち来い 池袋店」に行ってきましたので、唐揚げ食べ放題の破壊力をお伝えいたします。

居酒屋いくなら俺んち来い 池袋店

Twitter、Instagramなどで「#アゲハイなう」とつぶやくだけ

今回のキャンペーンはSNSと連動。着席したら「ハイボール飲み放題」(税別999円)を注文し、TwitterやInstagramで「#アゲハイなう」というハッシュタグをつけて投稿するだけで適用されます。

各「いざこい」「いざくる」の「アゲハイキャンペーン実施店」で、席が空いていれば直接行ってもOKですが、予約しておいたほうが確実。というわけで、予約を入れておきました。

池袋駅周辺には東口と西口で同じキャンペーンをしている店舗が2つあり、手違いで西口の店舗URLをメンバーに送ってしまうという失態をやらかしてしまったわたし。自分1人が東口側店舗で待機しており、「みんななかなか来ないなぁ」と思っているときに「ちょっと! 西口の店で予約者名を言ったら、東口側だって言われたよ!」とメッセージが。「なかなか来ないなぁ」じゃないよ、わたし。

そんなハプニングを乗り越えつつ、ほぼ時間通りに店に入り、スタッフから「アゲハイ」適用条件と「唐揚げを残された場合、1個につき50円を追加で請求させていただきます♪」という注意点を説明され、いざ乾杯。

大人のジンジャーハイボール

ほどなくして唐揚げも到着。

唐揚げ1回め

小丼ぶりほどの大きさの器に入った唐揚げは7つ。普段目にする丸くまとまった塊だけでなく、何やら細長い個体もあります。そういう部位はカリカリしていて程よいアクセントになるので、より好きです。

味付けは、ほんのり生姜のきいたしょうゆ味。よく見るとごくわずかに青のりのようなものが衣に混ぜてありました。油の質も良好で、酸化したような臭いもなく、さっぱりあっさりしており、写真だけ見たTwitterのフォロワーさんたちの「見ているだけで胃もたれがしそう」という意見に反して、食べている人たち(もしかしてわたしだけ?!)はガンガンいけそうな感じがしていました。

というわけで、勢いに乗って唐揚げのおかわりを注文。「大盛りになさいますか?」と尋ねられたため、全員一致で大盛りに。これも黒い器に盛られてやって来たようです。「ようです」というのは、到着時にわたしのミスゆえ遅れてきた人を迎えに出てしまっていたため、その様子を見られなかったから。再入店した際目にしたのは、食べてくれと言わんばかりに油取りのペーパーに引っかかった唐揚げでした。

浮かぶ唐揚げ

次のおかわりは白い角形の器に盛られて。さらに大盛りになったような気がします。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15との比較

そしてもう1度おかわりをし、計4皿のてんこ盛り唐揚げを食べて終了しました。

唐揚げ以外ももちろん注文OK!

「#アゲハイなう」とつぶやけば、ハイボール飲み放題の金額で唐揚げが食べ放題になる今回のキャンペーンですが、もちろんほかのものも注文できます。野菜も食べたいですしね。

もやしとほうれん草の「ナムル2種盛り」「明太チーズの巻卵」ピリ辛が美味しい「ばかうまきゅうり」「パクチーサラダ」を追加注文。それぞれ、それなりに量があるため1皿ずつで充分楽しめました。

青々としたパクチーサラダ

また、「ハイボール飲み放題」ではありますが、実際には焼酎ベースのものや炭酸抜きのアルコール類、アイスティーやオレンジジュースなどを含むソフトドリンクも飲み放題メニューに含まれており、あまり飲めない人でも会の最後までみんなと一緒に楽しめるのも嬉しいポイントでした。

大満足のアゲハイキャンペーン。食べている側は「食べ過ぎて苦しい〜」程度でしたが、写真を見せられた側には破壊力大だった様子。ちなみに6人分で1万円ちょっとと、お財布に優しく、支払い段階ではますます破顔したのはいうまでもありません。

(写真はすべて筆者撮影による)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: MARIKA WATANABE) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP