体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Adobe、Photoshop Touchなど6種類のタブレット向けアプリ(Adobe Touch Apps)を発表、Androidアプリは11月に公開

Adobeは10月3日、米国で開催中の開発者向けカンファレンス「Adobe MAX 2011」において、タッチ操作とスタイラス操作に対応するよう設計されたAndroidタブレットとiPad向けアプリ6種類を発表しました。これらは「Adobe Touch Apps」という新しい製品ブランドの下で提供され、同社が同日発表したクラウドサービス「Adobe Creative Cloud」とも連携します。アプリは、まずはHoneycomb向けのものが11月中旬より提供されます。発売時の価格は各アプリ$9.99。これにはAdobe Creative Cloudにアクセスできる権限も含まれます。Adobe Photoshop Touch:Photoshopのコア機能を使用し、タッチ操作で画像を自由に編集できるアプリ。レイヤーをサポート。Adobe Creative Cloudとの同期機能を使用して、作成した画像をデスクトップ版Photoshopに転送することも可能。Adobe Collage:画像や図面、テキストなどをデザインコンセプトやアイデアの共有等に使われるムードボードに組み込むことができるアプリ。Adobe Debut:Adobe Creative Cloud上にあるCreative Suiteファイルを閲覧できるアプリ。クライアントに対するプレゼンでの利用などが想定されています。Adobe Ideas:指やスタイラスを使用してベクターグラフィックを作成するためのアプリ。レイヤーをサポート。Adobe Klur:5 つの色を一つの「テーマ」としたカラーテーマを作成、共有できるアプリ。Adobe Proto:ウェブサイトやモバイル向けアプリのインタラクティブなワイヤーフレームとプロトタイプを作成するためのアプリ。Source : Adobe、Droid Life


(juggly.cn)記事関連リンク
5.3インチGalaxy Note、英国では10月17日より発売
HotmailのMicrosoft公式Androidアプリが公開
豪TelstraがLTE方式のデータ通信サービスを開始、HTCのLTEスマートフォン(Holiday)を2012年上半期に発売すると発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。