ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アニメーター経験なしの監督が”たった一人”でアニメを作るために支援金を募集中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


アニメーター経験なしの人がたった一人でアニメ『絶望の怪物/ DESPAIR OF MONSTER』を制作している。
現在、完成に向けてクラウドファンディングサービス『CAMPFIRE』で支援金を募集している。

https://camp-fire.jp/projects/view/5072 [リンク]

キャラクターボイス以外は全て監督のコタニジュンヤ氏個人が手掛け、既に1分40秒のプロローグが公開されている。

ボイスは『こえ部』のユーザーが担当しており、完全なるアマチュア作品になっている。

アニメーター経験のない監督が挑む23分

コタニジュンヤ氏は元アニメ背景美術スタッフで『ヘルシング』などに参加した経歴を持つ。だが個人でアニメを作ると思い立ったのは発作的なもののようで、周囲からも反対されたようだ。

それでもアニメを作りたいという情熱だけは消えることがなく、1か月半の時間を費やしてたった一人で1分40秒のプロローグ映像を完成させた。
『絶望の怪物/ DESPAIR OF MONSTER』というタイトル通り、少女の悲しい物語になるらしい。

脚本と絵コンテは既に完成しているとのことだ。

目標は570万円

通常、30分アニメ制作には1カット2~3万円、計1000万以上の費用がかかるところを、コタニジュンヤ氏は1カット9000円にすることでコストを抑制している。
そのため目標金額は570万円に設定されており、通常の30分アニメの約半分の値段になっている。

予算は本編映像、音響やリータン費用に利用される。

支援者は金額に応じて壁紙や本編DVD、完成披露試写会招待などの特典が用意されている。

22か月あれば完成できるらしく、今後は進捗をこまめに行うようだ。
コタニジュンヤ氏は「本作が成功すれば、バンドを結成してインディーズCDを出すような感覚でアニメを作れる時代が来るかもしれない」と語っている。

https://camp-fire.jp/projects/view/5072
http://tryanime.blog.fc2.com/

※画像の使用はコタニジュンヤ氏より許諾を得ています

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: さよたま) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。