ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホバンク、画面が割れたスマートフォンに貼る保護フィルム「スマホの絆創膏」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン修理やアクセサリを販売を行うスマホバンクは 4 月 11 日、画面が割れたスマートフォンに貼る保護フィルム「スマホの絆創膏」を、4 月 21 日から発売すると発表しました。通常スマートフォン用の保護フィルムは画面が割れる前に貼って傷や割れから守るのですが、「スマホの絆創膏」は画面が割れてしまった後に貼り、少しでも長持ちさせる商品です。これにより、例えばスマートフォンの買い替えタイミングまで、割れたままで利用し続けることができます。また「スマホの絆創膏」はスマートフォンに合わせてユーザー自身でカットする仕様です。5.7 インチまでのスマートフォンであればカットして利用することができます。「スマホの絆創膏」は通常の保護フィルのようにスマートフォンのディスプレイに貼るのですが、軟質 PVC 素材を使用しているので柔らかく、スマートフォンの側面まで覆うこともできます。「スマホの絆創膏」を貼ることで割れた部分に指が引っかかって傷を切ったり、通話時に耳を傷つけることなどから守ってくれます。「スマホの絆創膏」の価格は、1 枚入りが 980 円 + 税、2 枚入りが 1,780 円 + 税です。Amazon などで販売される予定となっています。Source : スマホバンク

■関連記事
サンスター、Androidと連動するスマートハブラシ「G・U・M PLAY」を発表
サンワサプライ、Androidとも有線接続できるハンディスキャナ「400-SCN032」を発売
Google、期間限定で新宿プロムナードに「新しい Chromecast、新宿駅でキャスト体験!」ブースを設置

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP