体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

印象派の画家たちはスタイリストだった!? ポーラ美術館『Modern Beauty』展を観てきた [オタ女]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神奈川県箱根にあるポーラ美術館。2016年3月19日から9月4日まで開催されている『Modern Beauty フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代』展では、収蔵されているクロード・モネ、エドゥアール・マネ、ピエール・オーギュスト・ルノワールといった19世紀フランスの印象派の画家たちの女性像で描かれているファッションに着目し、同時代のドレスや装飾具、化粧道具やファッション雑誌の前身となる“ファッション・プレート”を多数展示。1850年代から1920年頃までのファッションの変遷を紐解く展示となっています。

※すべての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください
http://otajo.jp/59411 [リンク]

ドレス・化粧道具に見るファッションの変遷

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず出迎えてくれるのが、1860年頃のイブニング・ドレス。クリノリン・スタイルでボディス(胴衣)とスカートに分かれており、シャンティ・レースのショールはフランス皇帝ナポレオン3世の皇后ウージェニー・ド・モンティジョにより流行したアイテムといわれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1900年代、有名だったメゾン、ウォルトのデザインのティー・ガウン。サテン地のブリーツにシフォンを重ねてあり、花柄プリントのガウンのような室内着です。当時の上流階級の女性の優雅な生活を偲ぶことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

19世紀のフランスの上流階級の女性は、色白で自然な薄化粧が推奨されたといいます。色の白さが身分の高さや若さの象徴とされたのは、現代のナチュラルメイクに重なるところがあるかもしれません。
また、豊かな化粧セットもステイタスシンボルとされていました。立ち鏡やジュエリーボックス、ハート型の小物入れなど銀製の化粧道具の中には、ウェーブヘアを作るためのアルコールランプとコテがあることが注目されます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

19世紀中頃の化粧ケース。箱はクルミ材製で、化粧容器などにはすべて珊瑚がはめ込まれています。ブルーのケースが印象的なマニュキュアセットは19世紀末のイギリスのもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガラス工芸作家、エドガー・ガレによる香水瓶。運営が化粧品の会社の財団ということもあり、ポーラ美術館ではガレをはじめ有名作家のガラス瓶が多数収蔵されています。どれもさまざまな文様でステキですが、「ジャポネスク」といわれた日本風の模様を施した作品もあって、当時の作家たちの東洋への関心を見てとることができます。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会