ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LG G5がiFixitで分解、修理は容易との評価

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国の iFixit が LG の最新フラッグシップスマートフォン「G5」の分解レポートを公開しました。G5 はユニボディデザインを採用しているものの、バッテリーが取り外せることもあり、同社による修理のしやすさを示すスコアを 10 段階中 8 の高い評価でした。このスコアは一体型構造が主流となっている今では珍しく出た高スコアと言えます。iFixit は G5 について、一部の部品は接着剤で固定されていることや、ディスプレイとカバーガラスが一体構造なので、画面が割れた場合にはユニットごと交換する必要があるとしながらも、バッテリーを取り外せる仕組み、ケースの固定に接着剤が使用されていない点、一般的な規格のネジを使用していることをプラス面として挙げ、このような高いスコアを出しました。G5 は LG 製なのですが、RAM と ROM にはライバルとなる Samsung 製を採用していることが判明しました。また、RAM は LPDDR4 規格のものを、ROM は UFS 2.0 規格のものを使用しています。Source : iFixit

■関連記事
Android Nで大幅に短縮されたブート直後のアプリ最適化処理にかかる時間(動画)
Huawei、LUMIERE 503HWのソフトウェアアップデートを開始
コヴィア、Windows 10 Mobileスマートフォン「BREEZ X5」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP