体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夫は何もしない、妻は直感で行動、夫婦円満な住宅購入の秘訣とは?

夫は何もしない、妻は直感で行動、夫婦円満な住宅購入の秘訣

夫婦といえども、もとは他人。大きな買い物である住まい選びでは、夫婦間の温度差や価値観の違いから、喧嘩になることは少なくない。そこで男女脳の違いをひもとく専門家のアドバイスを参考に、住宅購入で感じたパートナーの「残念な行動」の対策を探ってみた。

妻は「動かない夫」に、夫は「直感で判断する妻」にイライラ!

住宅を購入した先輩たちに、購入に至るまでのパートナーの「残念な行動」についてアンケートを実施したところ、夫と妻それぞれが全く異なる結果となった。まずは妻が感じた「夫への不満」から見てみよう。【図1】妻が感じた夫の残念な発言・行動ランキング(有効回答数100件)(SUUMO新築マンション編集部調べ)

【図1】妻が感じた夫の残念な発言・行動ランキング(有効回答数100件)(SUUMO新築マンション編集部調べ)

【図1】は、新築マンションを購入するときに感じた妻の「夫への不満」の結果だ。妻が感じた「夫の残念な発言・行動」の第1位は、「自分は何もせずに妻にまかせきり」にすること。具体的な声はというと……、

「モデルルームの予約、情報収集など、すべて私に任せきり。夫はそのなかから『いい』『ダメ』の判断をするだけ」(43歳・女性)

「夫は『君に任せる』と言ったのに、私が選んだマンションには『センスがない』とダメ出しばかり。だったら最初から自分で動いてよ!」(45歳・女性)

などといった不満が多かった。

仕事が忙しくて疲れているのか、ただ面倒なのか……。共働き夫婦や、子育てで大忙しの最中なら、妻の怒りはさらに増すだろう。「文句を言うなら自分で情報を収集して代案を!」という妻たちの叫びが伝わってくる。【図2】夫が感じた妻の残念な発言・行動ランキング(有効回答数100件)(SUUMO新築マンション編集部調べ)

【図2】夫が感じた妻の残念な発言・行動ランキング(有効回答数100件)(SUUMO新築マンション編集部調べ)

一方、【図2】の結果は、夫が感じた「妻の残念な発言・行動」について。1位は、「直感で購入するマンションを決める」こと。続いて2位が「予算を考えずに理想で買おうとすること」となった。いずれも、モデルルームを見学したときに、「いい!」と思った直感や、現実的なデータよりも理想を判断材料にしてしまう妻に、夫は不満を感じるようだ。

具体的な夫の声はというと……。

「1軒見ただけで決めてしまった。ほとんど妻の直感で決まったようなもの。ほかと比較するとか、もう少し検討する時間があっても……と思うが」(50歳・男性)

「明らかに予算オーバーなのに妻は『自分が働くから大丈夫』と、現実的でないことを言った」(38歳・男性)

妻がプロジェクトリーダーになって夫に“タスク”をお願いしよう

このような夫と妻の不満を軽減し、円満・円滑に住まい選びを進める方法はないだろうか。

「何もしない夫に『いつか手伝ってくれる』と期待してもムダです」と話すのは、脳科学の見地から男女の感性の違いを読み解く専門家、感性リサーチ代表の黒川伊保子さんだ。「男女の感性は真逆であり、自分とは異なる遺伝子を求めて、感性が異なるタイプの異性と結婚することが多い。だから『なぜ、やってくれないの!』などと、イライラしてしまう」のだそう。

イライラせず、物事をスムーズに進めるには、「妻が“住まい選びプロジェクト”のリーダーになればいい」と黒川さんは提案する。

「男性脳は、責務を果たすことで快感を覚える特性があります。だから、妻がプロジェクトリーダーになったつもりで、夫に“タスク”をお願いすればいい。多くの男性は仕事を確実に行うことが得意なので、上手に依頼すればきちんと実行してくれるでしょう」

その際、3つのポイントに注意してお願いするといいようだ。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。