ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】ネット動画で大腸ガンのステージ4を激白 / 伝説のゲーム会社カルチャーブレーンを35年間支えた男・遠藤一夫

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「飛龍の拳」や「スーパーウルトラベースボール」、「おはスタ645」、「スーパーチャイニーズ」などの名作を開発してきた伝説的ゲームメーカーといえば、カルチャーブレーンである。特に社長の阿迦手観屋夢之助(あかでみあゆめのすけ)は有名で、ファミコン時代はもちろんのこと、いま現在も根強いファンが存在する。

・遠藤氏なくしてカルチャーブレーンの存在はない
そんなカルチャーブレーンを支えてきた人物、遠藤一夫氏をご存知だろうか? ゲーム業界関係者ならば誰もが知っている人物のひとりだが、メディアにはあまり出演しなかったため、阿迦手観屋夢之助よりも認知度は低いかもしれない。しかし「遠藤氏なくしてカルチャーブレーンの存在はない」と言われるほど、営業スタッフとして会社を支え生きた人物なのである。

・ガンの進行度がステージ4
そんな遠藤氏が、インターネット配信サービス「ニコニコ生放送」に出演し、自身が大腸ガンであることを激白。さらにガンの進行度がステージ4であることも話し、多くのゲームファンに衝撃が走った。もともと遠藤氏は自身のTwitterでガンの状況を書き込みしていたが、今回の放送によりそれが大きく広まったのである。

こんにちは、カルチャーブレーンの遠藤です。今月27日に大腸癌の手術をやりました。経過は順調です。あとは、肝臓がんだけです癌が大きくなり手術が出来ず、今後は抗がん剤と放射線治療だそうです。何年かかるか分かりませんが、がんばります。でも、そんなに長くは持たないかも。

— 遠藤一夫 (@1h951dXAKZpsAvp) January 30, 2016

昨日は3回目の抗がん剤治療。
また、血液検査をしたところ、前回
よりまた肝臓の数値が下がっていた。
前回630あった数値が今回は514に減って
いた。副作用もなく順調みたいです。
このままの状態で行けたらいいですね。

— 遠藤一夫 (@1h951dXAKZpsAvp) April 2, 2016

・「抗ガン剤」のペットボトル
このニコニコ放送は、ゲームマニアとして知られる漫画家のピョコタン先生の番組。ピョコタン先生はカルチャーブレーンが運営していたゲームの専門学校を卒業した縁があり、遠藤氏を自身の番組に呼んだのである。遠藤氏は病院に通院しているが、放送のために荒川区の撮影場所まで「抗ガン剤」をペットボトルに入れて訪れ、ニコニコ生放送に挑んだ。

ちなみに、遠藤氏が入院せず「通院」しているのは、仕事をバリバリこなす道を選んだから。今現在も、平日はしっかりカルチャーブレーンで働いているのである。

・板垣さんも生放送に出演
ファミコン芸人のフジタ氏も撮影に駆けつけ、さらに「デッドオアアライブ」シリーズや「デビルズサード」のゲームクリエイターとして知られる、板垣伴信さんも番組に登場。もともと板垣さんはカルチャーブレーンの大ファンで、遠藤さんが番組に出演することを知り、板垣さんも生放送に出演したのである。

・世界中の子どもたちが笑顔になれるゲーム
カルチャーブレーンは日本中の子どもたちに「楽しみ」と「喜び」を与え続けてきたゲームメーカーだ。そしてそれを支えてきた遠藤氏。ガンに負けず、これからも世界中の子どもたちが笑顔になれるゲームをクリエイトし続けてほしいものである。

【神ゲストあり!】伝説のメーカー『カルチャーブレーン』スペシャル!【全ゲーマー必見!】

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/04/04/culturebrain-endo/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP