ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本一と呼ばれる”つけ麺”を食べてみた @『中華蕎麦とみ田』最強ラーメンFes,

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

と、言う訳でほぼ地元である町田市”シバヒロ”で開催されている『大つけ麺博プレゼンツ 最強ラーメンFes,』(以下、最強ラーメンFes,)に行ってみた筆者ですが、第一陣の強烈なラインナップを見て、何を食べるか悩んだ筆者で御座います。

「男だったら3秒で決めろ!」

これは我が家の家訓ですので、ココはひとまず”王道のつけ麺”からスタートしたいと存じます。

そんな訳で一食目は『中華蕎麦とみ田』の”つけ麺”から食べてみました。

ちなみに”ラーメンイベントは量が少ない”と言われていますが、確かにスープは確実に少ない予感ですが、麺は意外とボリュームあります。

特に”つけ麺”の容器は写真の様に深さがあるので、成人男子でも2食くらいでお腹いっぱいになると思われます。

全粒粉を使った極太麺!『中華蕎麦とみ田』

筆者が一番気になるのが『中華蕎麦とみ田』の専用ブランド小麦『心の味』の全粒粉を石臼で挽いた麺でしょうか?

この麺を食べる為に『最強ラーメンFes,』に来たと言っても過言ではありません。

そして!

その期待を裏切る事なく、感動を与えてくれた『中華そばとみ田』の自家製麺に全俺がスタンディングオベーションです。

とりあえず筆者が食べた”つけ麺”の麺として、いやラーメンの麺として一番美味しいと思った次第で御座います。

濃厚魚介豚骨の頂点!

多くの賞を受賞している『中華蕎麦とみ田』のスープは”濃厚魚介豚骨”と言う事で、かなり濃度が高めの強いスープです。

とは言え、豚骨臭さを魚介の香りでマスキングし、柚子をトッピングしているので、意外と爽やかなスープに感じられます。

またモミジ(鶏の足)を使っているらしく、コラーゲン的なトロミも加わり、まさに”つけ麺の為のスープ”として仕上がっていますね。

超濃厚なんだけれども、雑味と言うかクセの少ない濃厚魚介豚骨は、ラーメンマニアならずとも必食の一杯ではないでしょうか?

極太のメンマも旨し!

自家製のチャーシューも美味しいのですが、やはり筆者的に気になるのはメンマですね。

この『中華蕎麦とみ田』のメンマは極太で、メンマ本来の美味しさを感じる事が出来ました。

っていうか、流石にこのランクの名店になると、ディスるべき点が見当たらないと言うか、色々な面で勉強させられますね。

食べる事で自分の経験値が上がる”つけ麺”と言う事で、多くの人にオススメしたい筆者です。

『中華蕎麦とみ田 総評』

若干、柚子が好きでも無いし嫌いでも無い筆者は、出来る事なら

「柚子抜きで!」

と言いたかった所ですが、ココはひとまず『中華蕎麦とみ田』のスタンダードを知る為に、全てノーマルで食べてみました。恐らく、柚子が苦手な人の為の「柚子抜き」も対応してくれると思うので、柚子が苦手な人は店員さんに聞いてみましょう。

他にも”スープ割り”(つけ汁をスープで割ってくれるサービス)もある様なので、是非とも利用して欲しいですね。

”日本一のつけ麺”と言っても過言ではない『中華蕎麦とみ田』なので、逆に語るべき所が無いって感じの筆者ですが、あえて言おう!

「中華蕎麦とみ田の実店舗は遠いから、今がチャンスやで!!」

つけ麺が大好きな人は勿論「つけ麺とは、なんぞや?」みたいな人にも、是非とも食べて欲しい『中華蕎麦とみ田』でした。

以上です。

『最強ラーメンFes,』公式サイト
http://dai-tsukemen-haku.com/ [リンク]

『最強ラーメンFes,』会場、『町田シバヒロ』地図

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP