ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤマカンと“ガチ勢”が聖地巡礼の魅力を語り合った『WUGといっしょに“舞台めぐり”!オフ会』レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


3月23日『WUGといっしょに“舞台めぐり”!オフ会』が開催された。『WUG』とは宮城県を舞台に活動するアイドルを描いたアニメ『Wake Up, Girls』のこと。アニメには7人組のアイドルユニットとして描かれており、同名の7人組声優ユニットとしても活動している。舞台となった宮城県には、実在する場所がアニメにも描かれていることから、ロケ地を訪れる“聖地巡礼”というファン活動も盛んに行われている。

今回は、『Wake Up, Girls』と、アニメの舞台をめぐる“聖地巡礼”をより楽しむことができるアプリ『舞台めぐり』がコラボした『Wake Up, Girls! AnotherReal』イベントの実施を記念して、オフ会が開催された。イベントでは、『Wake Up, Girls』監督のヤマカンこと山本寛監督、『Wake Up Girls!』でも黒川芹香役を演じた声優で宮城県出身の秋奈さん、アプリ『舞台めぐり』中の人1号こと安彦剛志さんが登壇。『舞台めぐり』の魅力や『Wake Up, Girls』の制作秘話などのトークをお客さんと交えて盛り上がった。また、この様子は『ニコニコ生放送』でも中継された。

参考記事:
スマホを持って聖地・宮城へ! アプリ『舞台めぐり』が『Wake Up, Girls! Another Real』キャンペーンを実施
http://getnews.jp/archives/1430881[リンク]

『WUG』×『舞台めぐり』=『Wake Up, Girls! AnotherReal』


イベントは『舞台めぐり』の紹介からはじまった。『舞台めぐり』は、アニメの舞台となった聖地を訪れる際、より舞台を楽しめるような機能を持ったアプリだ。アプリ内の地図上に聖地の場所が表示されたり、現地にアニメキャラクターを登場させた写真が撮れたりという具合に、アニメと聖地の架け橋となるような存在。今回の『Wake Up, Girls! AnotherReal』では、宮城県内の各所でボイスドラマを聴くことができる。聖地を訪れて、アニメに描かれた背景にキャラクターを登場させ、ボイスを聴くことができるということで「現地体験型アドベンチャーゲーム」とも呼ばれている。

山本監督と安彦さんが現地のロケハンに行った写真を紹介。約700kmという長距離を移動をしながら宮城県の各所をめぐっていった。トークの中では、ロケ地にまつわるキャラクターのエピソードも披露。有名な観光地から何気ないスポットまで宮城県の色々な土地をめぐる旅となったが、温泉地であのキャラクターが……!? というドキドキするようなネタも仕込まれているようだ。ボイスドラマが120分もあるので、観光を兼ねてじっくりと『Wake Up, Girls!』の世界を楽しむことができる。

これについて山本監督は「観光案内のようにアピールしてほしい候補は挙げられたが、“WUGらしさ”を出すために、現地に立って何ができるのかを検討していった」とコメントしており、脚本も監督自らが書くというファンも満足な新作エピソードが描かれている。また、聖地のあるアニメの制作について監督は「絵葉書のようなアニメにするとまずい、という話はしている。聖地にしたがっていたり、観光PRのためのアニメは面白くない。話を転がすための場所を提供していただく。観光スポットは出てこないことも多い。なんでもない住宅地や公園、小川の辺にあるベンチがいいんだ」という論を展開。背景作画のクオリティを高めるために取材を実施、関係各所との様々な議論を経て、宮城の魅力を『WUG』を通して伝えるため最大限の努力を行っている山本監督のエピソードが語られた。

イベントの後半では、聖地巡礼について来場したファンと語り合う会も行われた。登壇者と“ガチ勢”とで聖地巡礼の魅力について語りあった。実際に宮城を訪れたファンや、『舞台めぐり』を使って様々な聖地を巡礼し尽くしたファンによるガチな聖地巡礼エピソードが披露され、会場も『ニコ生』のコメントも大いに湧いた。興味深かったのはアニメの聖地巡礼だけをするのではなく、現地での観光も楽しむ旅行感覚であるということだ。作品の中でキャラクターがその土地で暮らす様子を観て、同じ土地に訪れたり、現地で美味しいものを食べたりと、アニメからその土地や風土にも興味を持つきっかけとなるのは聞いていて新鮮で、面白く感じた。

イベントでは、奥野香耶さん出演の新規映像が上映されたり、イベント終了後に懇親会が催されるなど、ファンとしても濃厚な時間を過ごすことができた。山本監督のアニメ制作トークや、秋奈さんの地元トークなどをオフ会のようなまったりとした雰囲気で聞くことができる貴重なイベントだったといえるだろう。

舞台めぐり Wake Up, Girls! AnotherReal
http://www.butaimeguri.com/event/miyagi/wug-ar/

srbnの記事一覧をみる ▶

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。