体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「何を書けばいい?」の悩みが消えるアンテナ情報収集法!

妊娠した女性の世界が変わるワケ

f:id:k_kushida:20160329192105j:plain

女性は妊娠をすると、目の前に広がる世界の様子が一変するといいます。今まで目に入ってこなかったものが、目に入ってくることによって起きる変化です。果たして、どんなものが目に入ってくるのでしょうか?

◆ベビーカーに乗る赤ちゃん(ベビーカーを押すお母さん)

◆抱っこされる赤ちゃん(抱っこするお母さん)

◆赤ちゃんが登場するテレビCMやポスター

◆ショッピングセンターのベビー用品売り場

◆ランドセルを背負った子供たち

◆公園で遊ぶ子供たち

◆産婦人科

◆妊婦さん向けの雑誌

◆「子育て」をテーマにした本

妊婦、出産、育児など、今までであれば、あまり気にかけていなかった「赤ちゃん関連の情報」が洪水のごとく押し寄せてくるのです。

なぜこのような変化が起きるのでしょうか? それは、妊娠したことで「情報収集アンテナ」が張られるからです。情報収集アンテナとは、必要な情報を吸い寄せる意識のこと。サッカー好きの人がサッカーの情報に敏感なのも、グルメな人がグルメ情報に敏感なのも、彼らの頭のなかで、情報収集アンテナが張られているからです。

「情報収集アンテナ」は、意識した瞬間に張られる

f:id:k_kushida:20160329192638j:plain

アンテナが張られた状態とは、特別に意識しなくとも、必要な情報が吸い寄せられる状態のことです。

たとえば、あなたが「彼女(既婚者は奥さん)の誕生日にサプライズで腕時計をプレゼントしよう」と思ったとします。すると、通勤電車の車内でも、職場でも、カフェでも、女性の腕に巻かれている時計に、自然と目がいくようになります。あるいは、電車の中吊り広告(女性週刊誌)に踊る「今年流行のモード系薄型ウォッチ!」という見出しも目に飛び込んできます。ショピングセンターに行けば時計売り場にふらりと入るでしょうし、気がつけば、スマホの検索画面に「腕時計 レディース 人気」などと打ち込んでいるかもしれません。なかには、「腕時計の好み」をテーマに、さり気なく彼女に聞き取り調査を行う人もいるでしょう。これこそが、情報収集アンテナが張られた状態です。

「腕時計をプレゼントしよう」と思った時点から、その人のなかで情報収集アンテナが張られ、意識と行動が変わります。この変化は、人間の脳の特性と関係しています。人間の脳は「検索エンジン」のようなもので、目標を設定した瞬間から、その目標に向かうために必要な情報を探し始めるのです。多くの人が仕事や勉強で目標を設定するのも、脳のこの特性を利用するためです。よく耳にする「紙に夢や目標を書くと実現しやすくなる」という根拠もここにあります。

自社工場の視察レポートを書くときにはドウスル?

仕事で文章作成するときにも、この「情報収集アンテナ」が重宝します。

「文章を書くのが遅い……」「何を書けばいいのかわからない……」などの悩みを抱える人の多くは、情報収集を甘く見ています。いえ、甘く見ている以上に、その必要性にすら気づいていない人が少なくありません。どれほど文章作成スキルが高い人でも、情報が手元にそろっていなければ、質の高い文章を書くことはできません。質の高い文章を書きたいなら、ぼうっと情報が集まるのを待つのではなく、目的に合った情報収集アンテナを張って、有益な情報を吸い寄せる必要があります。

たとえば、あなたが、自社の製品生産工場の視察に行き、そのレポートを書く役割を任されたとします。このとき、視察を終えてオフィスに戻ってきてから「さて、何を書こう?」と考えているようではいけません。大事なのは、あらかじめ情報収集アンテナを張ったうえで、工場を視察することです。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。