体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】インド風カリーだけじゃない!欧風カリーも超絶美味しいカレーの名店 @『トプカ』神田

topuka-suzi001_R

休日は多くの人で賑わう秋葉原ですが、賑わい過ぎてランチも常に行列に加わらなければならないのは、如何なものかと存じます。

そんな時、筆者は神田駅方面へと歩いて行きます。

万世橋を歩いて神田川を渡ると、途端に観光客が減って静かな街並みに変わり、先ほどまでの喧騒が嘘のような静けさです。

向かう先は勿論、美味しいカレーが食べられる名店『トプカ』で御座います。

欧風カレーと印度風カレーが楽しめる『トプカ』

topuka-suzi006_R

店名である『トプカ』の名前の由来は、ズバリ「トップ・クオリティ・オブ・カリー」との事で、今でも一杯のカレーを丁寧に作っています。

topuka-suzi009_R

その真面目なカレーは多くのカレーマニアの支持を得ていて、筆者も大好きな店のひとつで御座います。

topuka-suzi008_R

とにかくカレーに対する情熱やコダワリは『トプカ』の公式ホームページを見て頂ければ分かると思いますが、そのカレーに対する真摯な思いは『トプカ』のカレーに全て詰まっています。

『牛すじ煮込みカリー』を所望する!

topuka-suzi011_R

「インド風カリー行くんちゃうんかい!」

と言う突っ込みは甘んじて受けましょう。休日の秋葉原に疲れた筆者はスパイシーなインド風カリーよりも、優しく繊細な欧風カリーな気分なのです。

topuka-suzi010_R

結果、煮込んだら美味しい”牛すじ”を使った『牛すじ煮込みカリー』(980円)をオーダーしてみました。

正直な所、筆者は普通のビーフカリーよりも”牛すじ”を使ったカリーの方が好みで御座います。

『牛すじ煮込みカリー』こそ至高!

topuka-suzi029_R

コラーゲンをたっぷり含んだ”牛すじ”は煮込めば柔らかく、溶け出したゼラチン質はそのままカリーのトロミになります。

topuka-suzi031_R
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会