ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TVで話題の塗るマシュマロクリーム「fluff(フラフ)」はもう食べた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「世界の果てまでイッテQ!」(3/20OA)でも紹介された塗るマシュマロ「fluff(フラフ)」。昨年あたりから話題になっていますが、あなたはもう、試しましたか?

塗るマシュマロクリーム「fluff(フラフ)」って?

もともとはアメリカで古くから愛されるスプレッド。アメリカでは年間1200万個も売れるそうです。パンに塗ってマシュマロトーストにしたり、ココアやコーヒーに浮かべたり。

日本でも、カルディやPLAZA(プラザ)など輸入食料品店などで見かけるようになりましたが、入荷するたびに即完売という噂もある人気ぶりです。たしかに、本来500円程度のものなのに、Amazonでは1つ1000円〜2500円くらいで売られています。この価格のつりあがりぶりを見ても、かなり入手困難な状況なのかも。

今回はそんな大人気のマシュマロクリーム、「fluff(フラフ)」を実食ルポ!

塗るマシュマロクリーム「fluff(フラフ)」をゲット!

今回は吉祥寺マルイの三浦屋さんで買いました。このポップを見ても、お店がいかにfluff(フラフ)オシか伝わってきますね。1つ486円でした。

アメリカンダイナマイトな雰囲気のボディデザイン、なんとなく食べ物というよりは洗剤とか塗料とかをイメージしてしまいます。

蓋を開けても・・・あまり食べ物感が伝わってきません(笑)。

塗るマシュマロクリーム「fluff(フラフ)」を実食!

気をとりなおしてコーヒーに浮かべてみます。

これは・・・いけるかも。マシュマロクリームにかなり粘り気があるのでスプーンにこびりついてうまく浮かべるのが大変ですが。温められてとろっとしたfluff(フラフ)とコーヒーのコラボはいい感じです。シナモンをふりかけてみてもおいしかった。

さてお次はトーストに塗ってみます。

これは・・・どうなんでしょう。あちこちで絶賛されているので書きにくいのですが、筆者には甘すぎました。トーストとマシュマロが融合していないのも気になります。

今後はマシュマロクリームを塗ってから焼いてみます。

これは・・・いいかも! fluff(フラフ)は焼くと表面が少し固まり、中が膨らんでふわとろになります。これぞマシュマロトースト。スイーツといってもいいかもしれません。香ばしいのが好きな人は、もうちょっとマシュマロが焦げるまで焼くのもおすすめです。

さらに、fluff(フラフ)と水切りヨーグルト、バナナも一緒にのせてトースト。

これは・・・禁断の味でございます。マシュマロクリームの甘さとバナナ&ヨーグルトの酸味がベストマッチ。思いっきり自分を甘やかしたいときにおすすめです。

fluff(フラフ)はこのほかにも、パンケーキやアイスにのせたり、クラッカーやクッキーにはさんだり、パイのフィリングにしたり、楽しみ方はまだまだあるようです。ストロベリー味もあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

[fluffマシュマロクリーム|PLAZAオンラインショップ]
[All Photos by Aya Yamaguchi]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP