ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メゾンランコムとのコラボレーションメニューが期間限定販売! ~表参道ヒルズ~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ランコムは4月2日と3日の2日間限定で一般向けオープンイベント「メゾンランコム」を表参道ヒルズにて開催する。
これに合わせて表参道ヒルズの人気店舗3店でコラボレーションメニューを期間限定で販売している。
その中で2つのコラボメニューを取材したので紹介する。

チョコレートバー「マックスブレナー」にはコラボレーションを表示する華やかなラッピングが施されている。

装飾にも相当気合が入っていて、男性の記者が見てもそのすごさに圧倒された。

撮影のためにオブジェの上にコラボメニューである「ダークチョコレートローズワッフル」1600円(税抜)を置いてもらった。
置かれているランコムの化粧品はすべて本物で、見た目にも美しい。

そのワッフルがやってきた。

ランコムをイメージした定番のワッフルを限定バージョンで展開。
甘さ控えめのダークチョコレートにイチゴとザクロの甘酸っぱさが相性抜群!仕上げにバラの花びらを散りばめた見た目も華やかなメニューです。
販売期間:3月28日(月)~4月3日(日)


これでもかとチョコレートしたワッフル2つと、ダークチョコレートにチョコレートアイスクリーム。
割ってみると、生クリームとチョコレートでワッフルが見えないほどだ。
イチゴはちょっぴり酸味の効いたもので、甘いチョコレートとの相性は抜群。ちりばめられたザクロの実は淡いみずみずしいナチュラルな甘さが広がるので、残さず食べたほうが良い。

通常メニューのアイスティーと80’sミルクシェイク。
容器が珍しい形をしているが、店内で販売している。販売用のこの「アリスカップ」には金属製のストローが付属しているということなので、その都度ストローを用意する必要はない。

マックスブレナーの喜田理恵子さんに話を聞いてみた。

--女性が多く並ぶようですが男子禁制ですか?(笑)

「そんなことはありませんよ。場所柄ここは女性が多いですが、他の店舗では男性もいらっしゃいます」

--ザクロの実が入っていますが珍しいですね

「そうですね。売ってはいるようですが、グレナデンシロップくらいしか私も知りませんでした。でも、美容にもいいと言われているので取り入れています。女性にはうれしいアクセントですね。ちなみに花びらも食用ですので食べることができます」

続いて、ランコムの担当者にも話を聞いてみた。

--初の一般開放イベントとのことですが?

「はいそうです。クローズドではない公開イベントは初になります。ブランドイメージとしてピンクを強調してランコムであるということを表現しています。表参道ヒルズを1週間ジャックして様々な機会でランコムに触れてほしいと考えています」

--ラグジュアリーブランドですが若い方に対してはいかがですか?

「マックスブレナーに来られるような若いお客さんにもランコムを知っていただきたいという思いはあります。若い方であっても、ちょっと背伸びをして何か一つでもランコムをお持ちいただけたらいいと思います。そして何かあった折にまたランコムに立ち寄って下さることを期待しています」

次に表参道ヒルズの表参道駅側にある一風古めかしい建物。
この建造物は同潤館という名称がつけられているのだが、関東大震災の後に多く建てられた復興用の住宅「同潤会アパート」を復刻している。元の同潤会アパートは取り壊されたが、表参道ヒルズはその跡地に立つので復刻して店舗として利用している。

その同潤館の中にあるククルザポップコーン。

ストロベリーの甘さが際立つポップコーンは、その甘さもさることながら見た目にも美しく華やかだ。

ランコム・コラボフレーバー「ストロベリーシャンパン」
S 500円・M 850円・L 1250円(税抜)
ストロベリーの風味豊かな甘さの中に、さわやかなシャンパンの風味と香りを添えました。
恋が降ってくるようなロマンチックな味わいのポップコーンです。
販売期間:3月28日(月)~4月22日(金)(無くなり次第終了)

メゾンランコムのイベントは4月2日(土)11時から20時と4月3日(日)14時から19時の期間、表参道ヒルズ本館B3階スペースオーで開催されるので、足を運んでみてはいかがだろうか。
http://www.lancome.jp/brand/maisonlancome/

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP