ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Truecallerアプリに個人情報流出のバックドア問題が発覚、1億以上のAndroid端末に影響

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CM セキュリティやクリーンマスターなどのアプリを提供している Cheeta Mobile のセキュリティ研究チームが「Truecaller」アプリにユーザー情報を流出させてしまうバグを発見したと公式ブログを通じて明らかにしました。同社によると、Truecaller のバグは秘密裏に遠隔操作することを可能にするバックドアのことで、現在の Truecaller アプリのダウンロード数が 1 億 ~ 5 億なので、億単位のユーザーに影響すると述べています。また、同社の調査により、アプリは IMEI でユーザーを識別していることが分かり、IMEI が判明するとそれに紐付けられた電話番号、住所、メールアドレス、性別、ユーザー名などの個人情報が漏れてしまう危険性があるとのこと。このバグは Truecaller の開発者に通知されており、3 月 22 日付けで修正されているので、まだ古いバージョンを利用している場合には早急に最新版へとアップデートすることをおすすめします。Source : Cheeta Mobile

■関連記事
HTC One M10 / HTC 10のティザー画像にタッチセンサーボタンが写る
UXENT、動画付きグリーティングカード「moovin カード」を発売開始
Acer、メタルボディのChromebook新モデル「Acer Chromebook 14」を発表

juggly.cn
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP