ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

VRで瞬間移動を体験!?MSが仮想テレポートができるという「ホロポーテーション」技術を公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
hololens

今月末からアメリカとカナダでデベロッパー向けキットの出荷が予定されている、Microsoft Researchのヘッドマウントディスプレイ「Microsoft HoloLens」。

すでにいくつかのアプリも公開されており、VR映像のリアルさや充実した機能が大きな話題になっていた。

25日には、HoloLensを使った最新のイノベーション「holoportation」が発表。アップされたデモ動画には、離れた場所にいる人物と会話する様子が収められている。

・独自キャプチャー装置を用い仮想テレポート

holoportationは、世界中のどこへでも「リアルタイムで仮想テレポート」するという技術。

このシステムでは、独自のキャプチャー装置で一方の人物の動きをリアルタイム撮影。3Dイメージは圧縮・転送され、HoloLensを着用した別の場所にいるユーザーは、あたかもその人物が同じ部屋にいるように会話ができるのだ。

・未来のコミュニケーションを根本から変える?

hololens
プロジェクトを率いるシャーラム・イザディ氏はholoportationが「未来の人々がコミュニケーションする方法を根本的に変えるものだ」と説明。映像の中では、別部屋にいる娘の3D映像との会話を披露する場面も。

なんとも驚くような技術だが、いくつかの課題も残されているようだ。ある意味では当然のことながら、現時点ではお互いが触れ合うことはできない。そのため、お互いの位置が重なると、どちらかの体の中を通り抜けてしまうことになるという。

距離的に、さらには時間的に隔たった人たちのコミュニケーションを可能にする、holoportation。実用化については未定とのことだが、今後の発展が楽しみな研究だ。

Hololens Holoportation: Virtual 3D Teleportation in Real-time

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。