体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豚のタマタマを食べてみた @『ホルモン道場』町田

horu-dou039_R

さり気なく町田特集をヤルと言ったものの、さしてアピールする要素に欠ける町田市を、筆者如きが動いたところでどうにかなるものではありません。

というわけで、気の向くままに今宵も街を彷徨います。

(BGM テッテレテッテテレ テーレテ チャラララララン)

創業昭和43年!『ホルモン道場』

horu-dou000_R

町田で古くからある焼肉屋さんと言えば、やはり『ホルモン道場』ではないでしょうか?

しかも、その名の通り”ホルモン”に特化していて、今でも数多くの珍味、もとい珍しいメニューが豊富にあります。

町田の裏側(ヨドバシ側)は、いわゆる”田んぼ”と呼ばれたゾーンで御座います。この『ホルモン道場』の電話番号

「23-1919」(ニイサン イクイク)

とか意味深過ぎてグッと来る元町田市民の筆者で御座います。今までに、どんだけ多くの兄さん達が『ホルモン道場』で精を付けたのでしょうか?

筆者が選ぶ『ホルモン道場』の一品目とは?

horu-dou004_R

『ホルモン道場』のカウンター席は、写真の通りで御座います。写真を見れば一目瞭然ですが、あえて言おう!

horu-dou003_R

「カウンターめっちゃ狭い!!!」

サイドメニューどころか、グラスを置くスペースすら難しいカウンターは、確実に「お前ら肉焼けよ感」が漂っています。

しかし!

正直なところ、焼肉は“オダサガのラスボス”こと『焼肉はせ川』で間に合っているので、ココは是非とも新鮮なホルモンを中心に攻めたいところで御座います。

と、なると最初の一品は何がベストでしょうか?

初見の店とは言え、最初からトーシロなオーダーでは、その後の展開で苦戦を強いられる事は確実であり、最初のオーダーで

「このお客さんに変なモノは出せないな」

と思わせるくらいのメニューを注文したいところですね。まあ、初見の客のオーダーなんか気にしてないよって人の方が多いかもですが、やはり寿司屋や焼肉屋さんは結構、お客さんを意識しながら調理しています。

horu-dou036_R

「モツ煮込みを所望する!!」

まずはビールと『モツ煮込み』で様子見がベストでしょうか?

『ホルモン道場』がホルモンに特化しているのであれば、この『モツ煮込み』は町田で一番美味しいはず……。

むしろ、この『モツ煮込み』すら満足出来るレベルに達していなかったら、長居は無用って意味でもあります。

horu-dou037_R

結果、さすがにホルモンに並々ならぬ情熱を持つ『ホルモン道場』ですね。期待通りの美味しい『モツ煮込み』に感動した筆者は、腰を据えて飲むことにしました。

独りホルモン祭り絶賛開催中!

horu-dou005_R

さてさて。

ホルモンと言えども多種多様にあり、どれを食べるか迷ってしまいますね。

しかし!

筆者も一応は猟師っぽい何かとして、割と臓物系は色々と食べたりしているので、ちょっとやそっとのホルモンでは感動出来ません。

肉が好きで猟師になったわけですが、猟師の場合はまさに始まりから終わりまで、全ての行程が自分の手の中にあるので、それこそ新鮮なホルモン食べ放題で御座います。

「ホーデンとかどうだろうか?」

猪を獲った時に「タマキン持ってく?」とか聞かれたのですが、マジで食べられるとは思っていなかったので遠慮してしまった筆者です。

しかし、噂では意外と美味しいらしいので、ちょいちょい興味ある部位でもあります。

というわけで、こんな感じのホーデン(タマタマ)です。

horu-dou038_R

一応、食品生成管理者の資格を持つ筆者ですので、色々と気遣いを含めて記事にしますが、このホーデンは生の状態で提供されていますが、焼肉屋さんですので焼いて食べるのが正解で御座います。

もっとも、筆者が無知で店の指示に従わずに、勝手に生で豚のタマキンを食べてしまう可能性はゼロではありません。結果、とりあえず

「モアッと来る豚の香りがマニアには堪らない一品」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。