ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

初のIce Cream Sandwichのデモ動画が公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

年内に公開されると言われているIce Cream Sandwichのデモ動画がEngadgetで公開されています。スクリーンショットが過去に1度リークされましたが、動画で見られるのは今回が初めて。今回もNexus Sが使われています。まずは”端末情報”画面の情報から。AndroidバージョンにはIce Cream Sandwich”と表示されています。まだAndroidバージョンは確認できません。ベースバンドビルドから今月ビルドされたソフトウェアであることが分かります。Linuxカーネルはこれまでの2.6系ではなく3系に変わっています。test-keyで署名されておりソフトウェアは最終版ではないと思われますが、ビルドは「IRK48」であることが分かります。

Ice Cream SandwichではHoneycombのホログラフィックなUIがスマートフォンでも使用できるようになると以前より言われていますが、まさにその通りのようです。UI全体的の配色やスタイルを始め、ロック画面、ホーム画面、アプリドロワー、起動中アプリ一覧など多くの要素でHoneycombを連想させるものとなっています。ロック画面。中央の鍵アイコンを左側のアイコンにスライドさせるとカメラを起動できます。

カメラUIです。

ホーム画面上の”Google Apps”をタップするとGoogleアプリだけが表示されるようです。フォルダ?

ホームボタンを長押しすると最近起動したアプリ一覧がHoneycombスタイルで表示されます。

設定画面です。

ドロワー。一覧は水平方向に切り替るように変更されています。上部の「Widget」をタップするとウィジェットのサムネイルが表示されます。

ウィジェット一覧。

Source : Engadget


(juggly.cn)記事関連リンク
米Amazonが7インチIPS液晶搭載タブレット端末「Kindle Fire」を発表、価格は$199で11月15日に発売、現在予約受付中
米Microsoft、Samsungと特許クロスライセンス契約の締結を発表
米MetroPCS、LGのLTEスマートフォン「LG Esteem」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。