ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リコー「THETA S」用のAndroidアプリがv1.6にアップデート、セルフタイマー撮影に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リコーのスティック型全天球カメラ「THETA S」の Android アプリ「RICOH THETA S」が v1.6 にアップデートされました。今回のアップデートでは、新たな撮影機能としてセルフタイマー撮影が追加されました。セルフタイマー機能を利用すると、2 / 5 / 10 秒のタイマー撮影が可能です。ただ、セルフタイマー撮影を利用するには THETA S 本体側のファームウェアを v01.42 にアップデートする必要があります。ファームウェアアップデートは Windows か Mac 用のツールで行います。ファームウェアアップデートの方法は、PC と THETA S を USB ケーブルで接続し、PC 用 RICOH THETA S ソフトウェアを起動。「ファイル」→「ファームウェアアップデート」をクリックして実行します。これでアップデートファイルが PC から THETA S に転送され、USB ケーブルを外して THETA S の電源を入れるとアップデートが開始されます。アップデートではこのほか、サポート言語に韓国語が追加されました。「RICOH THETA S」(Google Play ストア)「RICOH THETA S」(PC 用ソフトウェア)

■関連記事
リコー、THETA Sのライブストリーミングモードに対応したPC向け新ソフトをリリース、Googleハングアウトで利用可能
プラスワン、Freetelの「0円スタートプラン」を提供開始
Android版Google+がv7.5にアップデート、投稿失敗時のリトライ機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP