ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内村光良 監督映画『金メダル男』10/22公開決定! 第一弾キービジュアルも公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 内村光良による初の原作・脚本・監督・主演の映画『金メダル男』公開日が10月22日に決定した。

 本作品は、世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指し続ける懲りない主人公・秋田泉一を知念侑李(Hey! Say! JUMP)と内村光良がW主演を果たすことで話題である。そして、ヒロイン・木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭鶴瓶らといった豪華金メダル級のキャストが起用される。何度失敗しても立ち上がり、とことん“一等賞”に挑み続ける懲りない男・秋田泉一のどこか切なくもおかしい人生を華やかに彩る抱腹絶倒“全力”エンタテインメント作品となっている。

 また、本作の第一弾キービジュアルが公開された。キービジュアルでは、「すべての一等賞をとる。それがボクの夢なのですっ!!」と、力強いジャンプで金メダルに手をかけようとする泉一の姿が、躍動感あふれる形で映し出されている。

 さらに、3月25日から全国の上映劇場窓口にて、特典付きムビチケの発売が決定した。プレゼントは、“金メダル男”の名にちなみ、金色のつなぎに身を包み、表彰台に上る秋田泉一に扮した内村と知念の2人が映し出されたクリアファイルとなっている。

◎内村監督のコメント
「映画を撮りたいという思いでこの作品の原型を考えて5年。もう少しで映画が完成します。たくさんの人にこの作品を共有してもらうために、そして映画館で一人でも多くの人に笑ってもらうために、日夜努力しております。是非、映画館に足を運んでもらえればと思います。あと、ビジュアル見たとき、思いました。俺、知念と二人、『ベスト・キッド』みたいだなって。でも師弟ではなく二人で一役に扮してます!」

◎映画『金メダル男』
2016年10月22日 公開
原作・脚本・監督:内村光良
出演:内村光良、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭鶴瓶
配給:ショウゲート 
(C)「金メダル男」製作委員会
<作品概要>
2011年7月にサンシャイン劇場で上演され、大好評を得た、内村光良の一人舞台『東京オリンピック生まれの男』をもとに、内村自身が原作・脚本・監督・主演を務める。オリンピックイヤーとなる2016年、日本中に笑いを届ける抱腹絶倒“全力”エンタテインメント作品。
日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍「塩尻の神童」と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった。

関連記事リンク(外部サイト)

内村光良、休業中のベッキ-にエ-ル 「戦っていると思います。ファイト-!」
内村航平、羽生結弦から“質問攻め”に 「研究熱心。僕もいつも刺激をもらっている」
「しくじり先生」に内村航平の母、周子さん登場 過去の“息子ラブ”行動に教室がドン引き

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP