ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

献立を人工知能が考える!家にある材料×好みでレシピを提案する新機能が「コンダッテ」でスタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夕食のメニュー考案に、大いに役立つレシピサービス。日々お世話になっている人も、多くいると思う。

最近はウェブのみならず、アプリによるサービスも多く登場。昨年9月からスタートした「コンダッテ」も、その1つだ。

・バラバラの情報が1つに

“毎日の料理を、毎日の楽しみにしたい”という想いから始まった「コンダッテ」。ウェブや紙に散らばって、バラバラになっていた日々の料理に関する情報を、簡単に整理することができる。家庭の主婦にとって、これほどうれしいことはない。

機能は多彩。献立計画や作った料理を記録する“カレンダー”、料理のレパートリーを整理する“料理のアイデア”、他のユーザーのレシピを参照できる“みんなの献立”など、盛り沢山。

買い物のリスト作成もできるし、クックパッドのレシピを検索したり、SNSのように交流することも可能。料理に必要なシステムがすべて、1つのアプリにおさまっているのだ。

・家にある材料を伝えるだけでレシピを提案

注目は、先日リリースされたばかりの新機能“おすすめアイデア”。家にある材料とアレルギーの有無、料理の好みを伝えるだけで、オススメのレシピを提案してくれるというもの。

“大根と白菜を使った和食”や“玉ねぎと人参。乳製品はNG”なんて、わがままもOK。使いたい材料と料理の好みを入力するだけで、その時々に合ったレシピを、配信するようになっている。

新機能搭載でますます使いやすくなった本アプリ。料金は無料。レシピに行き詰っている人、気軽にお試しあれ。

コンダッテ

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP