ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

単体でも映像のライブ配信が可能なSIMカードスロット付きのAndroidアクションカム「Sioeye Iris4G」が米国で発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

単体でも映像のライブ配信が可能な SIM カードスロット付きの Android アクションカム「Sioeye Iris4G」が米国で発売されました。価格は $499 です。Sioeye Iris4G は、GoPro のような約 100g の小型フォームファクターに、4K 動画撮影も可能な 1,800 万画素カメラを搭載したハイスペックな LTE 対応アクションカムで、SIM カードスロットを備えており、モバイルネットワーク経由でも WCDMA / LTE 通信で映像をライブ配信できます。ライブ配信は Sioeye Cloud を通じて行われる仕組みで、その動画を Twitter や Facebook などにシェアすることも可能です。ライブ配信時の解像度は 480p ですが、1080p での同時録画も可能です。スマートフォン向けには専用アプリが提供されており、カメラの設定やリモート撮影などを行えます。Sioeye Iris4G の機能性は高く、4K / 2K @ 30fps での動画撮影、1080p / 720 @ 120fps 撮影が可能。ビデオコーデックでは H.265 もサポートしています。また、通常の写真・動画撮影のほか、連写、スローモーション撮影、タイムラプス撮影にも対応しています。音声は 48kHz AAC でのステレオ録音が可能です。このほか、F2.8・150 度の 6 層レンズ、2 インチの LCD、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、1,160mAh バッテリー、1GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 64GB)、MHL 対応の Micro USB 端子、GPS、気圧高度計、加速度センサーも搭載しています。SIM カードは AT&T と T-Mobile の 3G / LTE と Veriozn の LTE に対応しています。Source : sioeyeskateboarding

■関連記事
東京メトロの公式Androidアプリがv4.2にアップデート、リアルタイムな電車の走行位置の確認が可能に、乗換案内機能も追加
メディア・マジック、ドコモメール用着せ替えテーマにエヴァンゲリオンのアスカテーマを追加
Sony Mobile、Xperia用「ミュージック」のベータ版を9.1.7.A.1.0にアップデート、画像の削除機能を追加、ジャンルをスライドメニューに表示

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP