体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新名古屋めし】市内の居酒屋を中心にジワジワと人気を集める 「名古屋ハヤシ」って何だ?

f:id:Meshi2_IB:20160103133441j:plain

デミグラスソース&赤味噌の深いコクが特徴

従来の名古屋めしをさらにアレンジして進化させた【新名古屋めし】を『メシ通』でこれまで何度か紹介したきた。そんななか、名古屋・栄の居酒屋を中心に「名古屋ハヤシ」なるメニューを新たな名古屋名物として広めようという動きがある。

名古屋ハヤシで地元を盛り上げようと、飲食店を経営する仲間たちと『名古屋ハヤシ倶楽部』を結成しました。名古屋市の市章「八」にちなんで、88の参加店を目指します

そう語るのは「名古屋ハヤシ倶楽部」部長を務める橋本雄生さんだ。

f:id:Meshi2_IB:20160103133418j:plain

橋本さん自身も名古屋・錦3丁目で「おでん&ワイン カモシヤ」を営んでいる。

ところで、名古屋ハヤシとは、いったいどんなメニューなのか。

デミグラスソースに赤味噌を加えた、深いコクが楽しめるハヤシライスです。ほかにも愛知・岐阜・三重の食材を88%使うとか、別添えの調味料で味の変化を楽しめるようにするといった“名古屋ハヤシ8カ条”を作りました(橋本さん)

カレーライスに赤味噌を隠し味に入れるとコクが増して美味しくなるように、デミグラスソースも同じ効果があるのだ。名古屋ハヤシ8カ条は以下の通り。 その1 デミグラスソースを使う その2 赤味噌を使う その3 卵を使う その4 ライスとソースをまぜて提供する その5 提供後にかける調味料で違いを出す その6 東海3県の食材が88%入っている その7 東海3県を元気にしたいと考えている その8 新しい名古屋めしを広める情熱がある

「まぁ、いろいろと謳っていますが、名古屋ハヤシのビジュアルを見れば、巷のハヤシライスとの違いは一目瞭然です」(橋本さん)と、出していただいたのがこれ。

f:id:Meshi2_IB:20160103133609j:plain

大阪「自由軒」の名物カレーのように、ルーを混ぜたご飯の真ん中に卵黄がのっている。実に食欲がそそられるビジュアルだ。

「おでん&ワイン カモシヤ」の名古屋ハヤシ(680円)のベースとなるのは、牛すじとしじみの旨みがぎっしりと詰まったダシ。名古屋の市章「八」にちなんで八穀米を使っているのも特徴だ。八穀米は固めに炊いてあるので、リゾット感覚で楽しめる。ハーブ七味をかけて食べても美味しい。

お店情報

おでん&ワイン カモシヤ

住所:愛知県名古屋市中区錦3-16-8 森万ビル1F

TEL:052-963-6730

営業時間:16:00頃~24:00(金・土・祝前日は~翌2:00)

定休日:日曜

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ001059144/

お店それぞれの味と個性が楽しめる名古屋ハヤシ七変化

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。