ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遅咲きの名脇役・志賀廣太郎がおやじパワー全開! 多部ちゃん主演コメディ『あやしい彼女』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


滝藤賢一さん、松重豊さん、吉田鋼太郎さん……バイプレイヤーとして活躍していた俳優が次々とブレイク。「顔は見た事あるけど、名前は知らなかった」という俳優さんに注目が集まっています。4月1日から公開となる多部未華子さん主演の『あやしい彼女』でもあの名脇役が大活躍!

それは、『THE3名様』の”パフェおやじ“、日清カップヌードルのTVCMの”壁ドンおやじ“等、誰もが一度は見た事ある志賀廣太郎さん。志賀さんは1990年に42歳で劇団「青年団」に入団。その後、味のある渋い声と確かな演技力で、テレビ、映画、CMなど活動の幅を広げ、様々な場面に欠かすことのできない名俳優として活躍。ドラマでは「アンフェア」(06/CX)、「ハゲタカ」(07/NHK)、「半沢直樹」(13/TBS)など多くの話題作に出演。

「三匹のおっさん~正義の味方、見参!!~」(14/TX)では、頭脳派のおっさんノリ役を好演。痛快で勧善懲悪な“おっさん”の活躍が視聴者の共感を呼び、翌15年にはシリーズ2作目が放送されています。映画では『川の底からこんにちは』(10/石井裕也監督)、『ジャッジ!』(14/永井聡監督)、『幕が上がる』(15/本広克行監督)などに出演。映画・ドラマの出演数は50本以上になり、遅咲きの名俳優として活躍中です。


本作は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子の揃った73歳おばあちゃん(倍賞美津子)が、ある日突然20歳(多部未華子)の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。志賀さんが演じるのは、73歳のおばあちゃん・カツの腐れ縁であり親友、昔から彼女に心酔に近い恋心を抱き続けている中田次郎。

カツが20歳に若返ったことに気付かず、カツの代わりに突然現れた“節子”と名乗る20歳の女の子を「あやしく」を思い、節子をとっ捕まえようとするも返り討ちにあう……。など何かと笑いを誘い、物語を進めるに欠かすことのできない人物を好演しています。さらに、娘・麻衣子との掛け合いも笑わずにはいられません。そんな名脇役の志賀さんにご注目を。

『あやしい彼女』ストーリー
可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな“超絶あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!戦中生まれの下町育ち、早くに夫を無くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。
実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!?長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子___そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?

(C)2016「あやカノ」製作委員会 (C)2014 CJ E&M CORPORATION

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP